最近、人と話すのが億劫な人が 「ま、いっか」と思えるポーズ

写真拡大 (全2枚)

気が合わない相手といると心も窮屈に

コミュニケーションというのは、人との触れ合いから始まります。…と言っても、直接触るわけではなくて、相手との「気の交流」みたいな感じでしょうかね。「気が合う」というのは、まさに、気と気とが調和している状態で、とても居心地がいいはず。でも、気が合わない時は、お互いの気がすれ違ったり、反発しあったり、混ざり合わなかったり。近くに寄った時に、それぞれの気が境界を作ってしまう感じかもしれません。そうなると窮屈極まりないですよね。

人と話しているのが億劫?心を閉ざしているのかも

人との関係を重たく感じてしまう時、コミュニケーションをとるのはとても億劫ですよね。仕事でしかたなく話すことで精一杯で、もうコミュニケーションが面倒。話さないとしても、隣の席に人がいることさえ、ちょっと疲れる。オフィスで一番楽なのはトイレに独りでいる時…。そんな時は、気が合う友人と話すことさえ、今日はいいや、ってことになったりしませんか?もしそんなことがあるとしたら、ハートを閉ざしてしまっているかもしれません。気がまわりに届かないように、息を潜めている感じ。それは誰にでも、起こり得ることです。

胸を開くポーズなら、だんだん心も晴れやかに

ハートを閉ざしてしまった原因というのはいろいろあるので、根本を見ていく必要はあるのですが、何かの解釈の仕方、光をあてる角度を変えることができたら、結構「まあ、いいか」って思えるようになっていきます。で、ここで紹介したいのは、ハートをオープンにするポーズ。体と心は連動しているので、胸を開くことで、心を少しずつ開いていくことができます。ぜひ、試してみて。すぐに心が晴れなくてもOK。胸を開いて、少し上を向いて、日の光を浴びて呼吸をする姿勢を、毎日3分ずつでも続けていたら、だんだん「ま、いっか」ってなっていきやすくなりますよ。

【「ま、いっか」って思えるようになるポーズ】

1:まっすぐに立った姿勢から、右足を大きく前に出します。

2:息を吐きながら、右足を90度になるように曲げ、腰を真下に下ろします。体が前のめりになったり、反ったりしないよう。左ヒザは伸ばしたまま。

3:息を吸いながら、2の姿勢から両腕を上げ、軽く胸を反って、両腕は耳の後ろあたりで止めます。少し上を向いて、2-3呼吸意識的に行います。

4:息を吐きながら、腕を下ろし、足を伸ばします。

5:180度回転し、左足を前にして繰り返します。

 

ライター:豊田紗江
参考:『最新版 ヨガのポーズが丸ごとわかる本