恋愛小説の偉人・シェイクスピアが残した20の恋名言

写真拡大 (全3枚)

恋をすると、周りが見えなくなって暴走してしまう…。今度こそ上手くいくと思ってたのに、最近彼が冷たい…。運命だと信じていたけど裏切られた…。でもやっぱり、恋したい!!!今回はそんな迷える乙女達に向けて、恋愛小説の偉人・シェイクスピアが残した20の言葉をお届け。『YOLO』編集スタッフが、心打たれた言葉を持ち寄ってまとめました。

『オセロー』や『ハムレット』、『ロミオ&ジュリエット』など、悲劇作品で有名なシェイクスピアですが、実は彼の残した言葉には、恋に対する前向きな想いが秘められているんです。

シェイクスピア20の恋名言

01.
恋の始まりは晴れたり曇ったりの4月のようだ。

02.
誠の恋をするものは、みなひと目で恋をする。

03.
ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。

04.
恋はまことに影法師、いくら追っても逃げていく、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行いく。

05.
本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、真実の恋は滑らかに運んだためしがない。

06.
恋は盲目で、恋人達は恋人が犯す小さな失敗が見えなくなる。

07.
まったく想像力でいっぱいなのだ。狂人と、詩人と、恋をしている者は。

08.
恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。

09.
愛は万人に、信頼は少数に。

10.
求めて得られる恋もよいものだが、求めずして得られる恋のほうが、なおのことよいのである。

11.
ぼんやりしている心にこそ恋の魔力が忍び込む。

12.
友情は多くは見せかけであり、恋は多くの愚かさにすぎない。

13.
真実の愛はうまくいかないものだ。

14.
事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。

15.
計算された恋は卑しいものだ。

16.
嫉妬をする人はわけがあるから疑うんじゃないんです。疑い深いから疑うんです。

17.
不運ばんざい!運の女神に見放され、この世の最低の境遇に落ちたなら、あともう残るのは希望だけ、不安の種も何もない!

18.
望みなしと思われることもあえて行えば、成ることしばしばあり。

19.
運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。

20.
真の恋の道は、茨の道である。

 

ライター:中村千春&『YOLO』編集部
写真:istockphoto