W杯優勝の元イタリア代表選手、なんとSNSで「就活中」!

写真拡大

2006年のワールドカップ優勝メンバーである元イタリア代表DFクリスティアン・ザッカルド。

35歳になった彼は現在所属チームがないそう。そんななか、『Gazzetta dello Sport』などが驚きの話を伝えていた。

それによれば、ザッカルドはSNSを使って、“就職活動”をしているという。

彼が使用したのは、「LinkedIn(リンクトイン)」。Facebookよりもビジネス色の強いツールだ。

クリスティアン・ザッカルド

「ヴィチェンツァと2018年6月末まで結んでいた契約を破棄した。

現在、私は無所属選手だ。まだフィジカルはいいし、高いレベルであと2年はやれるだろう。

誰であろうと私を獲得すれば、素晴らしい契約になるはずだ。

真剣で強力なプロフェショナルなフットボーラーだ!」

イタリア語と英語でこうメッセージを綴ったとのこと。