1980年代風の悪党コンビ! - 松山ケンイチ&宮野真守
 - (C) UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

 俳優・松山ケンイチと声優・宮野真守が悪党コンビの声を担当したアニメーション映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』から本編映像が公開された。天才子役としてもてはやされるも、思春期を上手く乗り越えられずに業界で干され、ついには悪党になってしまったバルタザール役の松山と、相棒のロボット・クライヴ役の宮野のコミカルな掛け合いが笑える一幕だ。一人と一体はハリウッドへの復讐を試み、主人公グルーを窮地に追い込むことになる。

 子役時代の栄光が忘れられないバルタザールは、いまだに肩パッド入りの紫のスーツを着用する1980年代風の悪党。今回公開された映像は、バルタザールが「なあ、クライヴ。テレビで悪党を演じるよりも、実際に悪いことをやるほうが、ずっと楽しいな!」とまるで子供のように悪事を企み、クライヴが悪事にぴったりの音楽をかけるように指示されるもミスチョイスをしてしまい「アチャー! シッパイ!」とおちゃめに反省するというもの。松山と宮野がノリノリで声を当てていることが伝わってくる楽しい映像になっている。

 松山は、洋画アニメの吹き替えに挑戦するのは今回が初めてでありながら、この大人バージョンだけでなく、子供時代、思春期、さらには他人に変装したバルタザールの声も見事に表現した。「僕自身、『怪盗グルー』シリーズのファンで子供と一緒に観ていたので、参加できたのはうれしかったです」と明かしており、アフレコでの意気込みも並々ならぬものがあったよう。

 一方、『怪盗グルー』シリーズをはじめとしたイルミネーション・エンターテインメント作品で、老人役、ソーセージ役など攻めた役柄に挑んできた宮野は「おそらく、初めて“箱型ロボット”の声を担当したのではないでしょうか(笑)」とコメント。フィルターがかかっているとはいえ、高音を駆使して表現したという宮野の“ロボット声”は必聴だ。(編集部・市川遥)

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は7月21日より全国公開