マダガスカルの甘いフルーツの おいしくてちょっと素敵なお話

写真拡大

甘いもの好き女子の救世主「ドライフルーツ」

女子はドライフルーツが大好き!保存ができて場所も取らず、しかもおいしいドライフルーツを常備しておけば、いつでも食べられてハッピーですよね。自然の素材そのままのドライフルーツは「罪悪感のないおやつ」としても大注目です。日本でもいろいろなドライフルーツが手に入りますが、どんなものがお好みですか?

身元のはっきりした
信頼できるドライフルーツ

フェアトレード専門ブランドの「ピープルツリー」から、ちょっと珍しいアフリカのドライフルーツが登場です。

それはライチの仲間、ランブータン。名前は聞いたことがあるけど、食べたことはないかも⁉どんな見た目なのか、すぐには思い浮かばないくらいです。

ランブータンは熱帯でしか育たず、樹上で熟すのを待って収獲する貴重な果物です。マダガスカル東岸の熱帯地域で、無農薬・無化学肥料の自然に近い状態で育ちました。ドライとは思えないようなフレッシュでジューシーな甘い香りが印象的。濃縮された甘酸っぱさが、噛みしめるごとに豊かに広がります。もちろん、安全性もお墨付き。農薬、化学肥料、添加物、砂糖は全て不使用。オイルコーティングもフリーです。
生産者はLYCHEELAND(リチーランド)という団体。マダガスカルは世界最貧国に位置づけられていますが、多様性に富んだ食文化に恵まれています。リチーランドは、特産のフルーツをいかして仕事を創出し、女性や農家に安定収入を もたらすことを目的に、2016年に2人の女性によって設立されました。マダガスカル各地から良質なフルーツを買いつけ、 カット方法や乾燥時間に工夫を重ね、よりおいしく高品質なドライフルーツを開発しています。2016年末からは、学校に通えない子ども達のために教育支援活動も始め、地域社会に貢献しています。
女性のパワーから始まった団体が、おいしいドライフルーツを遠く離れた日本の私たちにまで届けてくれている!さらにそれを買うことで、誰かのためになる。うれしい循環です。
そのまま食べるだけでなく紅茶に入れたり、カップに入れて熱湯を注ぐだけで香り高いフルーツティーに!細かく刻んでクリームチーズに混ぜ、パンやクラッカーに塗って。またおやつとしてだけではなく、ワインのおともにも。アレンジを考えるのも楽しいですね〜。

シンプルでかわいいパッケージはお家女子会のおみやげにもぴったり。「これ、なんのドライフルーツか知ってる?実はね…」なんて。みんなに自慢してみたい!

フェアトレードドライフルーツ
価格:560円(税抜)


これからも続々と新しいフルーツが登場する予定なので、引き続き要チェックです!

 

ライター:幸 雅子
情報提供:ピープルツリー www.peopletree.co.jp