「Task have Fun 」公式サイトより

写真拡大

 アイドルファンにとって、夏といえばアイドルフェス。数多のアイドルグループにとっては、多くのファンに知ってもらうためのチャンスだ。実際、フェスでのパフォーマンスがきっかけとなり、大ブレークに至ったアイドルも多く、2010年の「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)でのももいろクローバー(当時)や、11年のBABYMETALなどは、その代表例だろう。

 今年もTIF(8月4〜6日)や「@JAM EXPO 2017」(8月26・27日)などアイドルフェスが開催されるが、ブレークが期待されるアイドルグループはいるのだろうか? アイドル事情詳しい音楽ライターA氏が、期待のアイドルを挙げてくれた。

「まずは、全員中学生の3人組『Task have Fun』です。アイドルファンのツボを押さえたノリがいい楽曲と、清純系のルックスが最大の魅力。最近は奇をてらったアイドルが多い中、正統派で攻めてくるアイドルとして、幅広い層に受けると思います。7月8・9日に行われた『アイドル横丁夏まつり!!』でも、かなり盛り上がっていました」

 その『アイドル横丁夏まつり!!』で衝撃的デビューを果たした「終演後物販」というグループも注目だという。

「『終演後物販』は、詳しいプロフィールなどもまだ明らかになっていない5人組なんですが、『アイドル横丁夏まつり!!』での初パフォーマンスのユルさがクセになると、アイドルファンの間でも話題騒然です。楽曲はメロディックパンクで激しいけど、口パクでダンスもおぼつかない。それなのに、なぜだか楽しくて、盛り上がるんですよ。あの不思議な魅力のトリコになってしまったというアイドルファンは多かったですね」(同)

 注目グループは、まだまだいる。

「苺りなはむ率いる6人組『CY8ER』も人気急上昇中。カラフルでオシャレなイメージで、音楽性は違いますが、でんぱ組.incがグループ活動を休止している今、そのファンをつかむチャンスだと思います。あとは、読者モデルオーディションから生まれた6人組『26時のマスカレイド』も注目です。所属事務所はプラチナムピクセルで、読モ出身のガールズバンド『Silent Siren』をブレークさせた実績もあるので、今後の売り出し戦略も期待できそうです」(同)

 メジャーどころのアイドルも、この夏に勝負を懸けている。

「ハロー!プロジェクトの『つばきファクトリー』は、2年連続でTIFに出演。新曲はリクルートスーツを着て歌うなど、インパクトも大きい。ハロプロの実力をいかんなく発揮すると思います。あと、“アーティスト宣言”でアイドルフェスから離れていた東京女子流は、今年からアイドルフェスに復帰しました。もともとアイドル性が高いグループだし、あらためてその魅力に気づくファンも少なくないと思います。そして、今年は積極的にアイドルフェスに出演している私立恵比寿中学も忘れてはいけませんね」

 この夏のアイドルフェスで、ぜひともお気に入りのグループを見つけていただきたい。