『FNSうたの夏まつり』出演者第3弾発表 郷ひろみ、工藤静香、ゆず、AKB48ら計20組追加

写真拡大

 8月2日放送の『FNSうたの夏まつり〜アニバーサリーSP〜』(フジテレビ系)が、第3弾出演アーティストを発表した。

(関連:AKB48Gと乃木坂46&欅坂46の力関係はどう変化した? 『FNSうたの夏まつり』の反響を読む

 今回追加されたのは、デビュー45周年を迎える郷ひろみ、30周年となる工藤静香、森高千里、25周年の大黒摩季、そして20周年のゆずのアニバーサリーアーティスト5組など、合計20組。

 郷ひろみはデビュー当時の映像とコラボするほか、友近の友人こと水谷千重子とコラボを披露。工藤静香、森高千里は、親友・岸谷香と一夜限りの夢のスペシャルコラボを行ない、25周年を親友・藤原紀香のお祝いで迎える大黒摩季は、ミリオンセラー連発の大ヒットメドレーを熱唱するという。また、ゆずは、デビュー当時の夏を賑わせた大ヒット曲をNissy(西島隆弘)と共に華麗なハーモニーで聴かせる。

 さらに、加山雄三の生誕80周年スペシャルコラボ・メンバーも決定。石井竜也、斉藤和義、水曜日のカンパネラ、竹中直人、高見沢俊彦、PUNPEEらが若大将と熱唱する。また秋川雅史は45周年の谷村新司を祝うべく「昴―すばるー」をスペシャル映像と共に披露し、BREAKERZは先輩・T-BOLANとタッグを組んでミリオンセラーの大ヒット曲をコラボレーション、森山直太朗は海外アーティストの振り付けや、安室奈美恵のダンサーも務めた菅原小春と歌とダンスのみでパフォーマンスする。

 そして、AKB48夏まつり企画も決定。AKB48が『お台場みんなの夢大陸2017』の特設巨大プール「ウォーターパーク」にて名曲メドレーをパフォーマンスするという。(リアルサウンド編集部)