プロレスのような破天荒な言動で世界中でお騒がせ者となっているトランプ大統領だが、今年の1月20日に就任してから、早くも半年が立とうとしている。

 大統領選の時点から「アメリカ・ファースト」を唱えていたトランプ大統領は、「TPP」から正式に離脱を表明し、移民制限の大統領令を乱発、気候変動対策の国際的枠組みである「パリ協定」から離脱するなど、国際的な枠組みへの否定的な言動ばかりが目立つ。国内では「オバマケア」見直しも失敗、さらには「ロシアゲート」が大統領弾劾に発展するかどうかの瀬戸際にある。

 つまるところ、就任から半年がたった時点においても、本人が主張するほどには、これといった実績がほとんどないのが実態だ。おそらく大統領自身も、内心では焦りがあるのではないだろうか。どうも大統領というものは不動産開発ビジネスと違って自分の思うようにいかない、と。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

米国大統領の権限は実はそれほど大きくない

 米国大統領は強大な権力を行使できると見なされがちである。だが、実は権限は大幅に制約されている。「人工国家アメリカ」の設計図ともいうべき「アメリカ合衆国憲法」で規定されているのだ。

 そもそも米国は三権分立の原則が徹底しており、しかも大統領の権限は議会によって大きく制限されている。議会を構成する議員は、タックスペイヤー(納税者)が選んだ代表だ(大統領の権限について、5月に上梓した拙著『ビジネスパーソンのための近現代史の読み方』でも触れたのでお読みいただきたい)。

 トランプ政権が策定する政策も、その命運も、上下両院で議会多数派の共和党がどう判断するかにかかっている。大統領自身は今回は共和党から立候補したが、政策的には共和党との違いも目立つ。

 今回は、そんなトランプ政権の閣僚として手堅い手腕を発揮している2人の「将軍」に注目してみたい。

トランプ陣営の「2人の将軍」は歴史学専攻

 2人の将軍とは、ジェームズ・マティス米海兵隊退役大将とハーバート・マクマスター米陸軍中将のことだ。それぞれトランプ政権では、国防長官と国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めている。

 トランプ大統領自身がピックアップしたマティス米国防長官は、トランプ政権としては珍しく議会で「98:1」の圧倒的多数で承認された。一方、現役の陸軍中将でもあるマクマスター大統領補佐官は、トランプ大統領のお気に入りのフリン補佐官が更迭されたために共和党サイドから送り込まれてきた人物である。トランプ政権にとってはお目付役とされている。

 この2人には共通点がある。意外と知られていないが、ともに「歴史学」を専攻しているのだ。

 マティス氏は、一般大学の学部で「歴史学」を専攻して海兵隊に入隊した。マクマスター氏は、陸軍入隊後に「歴史学」で修士号と博士号を取得している。ベトナム戦争の敗因を分析した博士論文は、『職務怠慢:ジョンソン大統領、マクナマラ、統合参謀本部とベトナム戦争を導いたウソ』(Dereliction of Duty: Lyndon Johnson, Robert McNamara, The Joint Chiefs of Staff, and the Lies that Led to Vietnam)というタイトルで1997年に出版されている(日本語未訳)。

 軍隊というものは基本的に理工系だ。戦争においては、交戦相手よりすこしでも先を行く軍事技術を駆使したほうに優位性がある。 その意味では軍人はエンジニアであることが求められる。もちろん現代のような複雑な状況においては、軍人の専門も細分化されているが、技術志向が基本であることには変わりない。

 だからこそ人文系や社会科学系の学問は、軍人としての専門を補強する「教養」として大きな意味をもつ。人の上の上に立ち、部下や同僚の生命を預かることになる指揮官にとって、人間力をつくる源泉にもなるのだ。

マティス国防長官の座右の書とは

 米国では「マッドドッグ」や「戦う修道士」などの異名をつけられているマティス将軍だが、私はそれに加えて「本を読む将軍」という敬称を献上したいと思う。

 マティス将軍は、膨大な量の読書をこなしてきた。蔵書の大半は海兵隊や地域図書館に寄贈してしまい、現在は手元には1000冊程度しか残していないようだが、かつては古今東西の「戦史」を中心に約7000冊の個人蔵書を所有していたという。

 自分の専門である軍事戦略と戦術については当然のこと、古今東西の「戦史」にも精通している。「戦史」は、「ケ-ススタディ」の原型とも言える存在だ。世界各国の士官学校で必ず学ぶことになる。「戦史」というケーススタディ分析においては、歴史を当事者として分析するクセを身につけるマインドセットが出来上がることになる。まさに実学としての歴史学である。

 マティス将軍は「博覧強記」の将軍であると同時に、幾多の戦闘で指揮をとった歴戦の勇士であり、部下からの信頼のきわめて厚い司令官である。

「戦場」では、軍事に関する「情報」と「知識」がものをいうのは当然だが、メンタルに関する「胆力」となると「知識」だけでは対応できない。単なる「知識」を越えた「知恵」の領域にまで踏み込んだマインドセットが必要となる。

 マティス将軍の座右の書は、紀元2世紀のローマの哲人皇帝、マルクス・アウレリウスの『自省録』である(日本語訳は岩波文庫、講談社学術文庫など)。任務につく際にはかならず持参し、手元に置いていたという。

『自省録』は、ストア派哲学を信奉する皇帝が多忙な公務のなか「自分のために」書き付けたメモを集めたものだ。西欧世界では近世以降長く読み継がれてきた古典である。いわば西欧版の「修身」というべき書だ。

「なぜ、『自省録』か」と問われたマティス将軍はこう答えている。「古典に向かうことによって、『いま、ここ』から距離をおいて見ることができるからだ」と。

 出処進退を含め、みずからの行動規範として、行動指針として自分の血肉となっているのが真の意味の「教養」である。「修養」というべきでもあろう。 「教養」とは単なる「知識」のことではない。

米海兵隊は「知的な」組織だった

 米海兵隊に「屈強な荒くれ者の戦闘集団」というイメージをもっている日本人は少なくない。さらに沖縄の基地問題もあって、日本ではかならずしも好意的に受け止められているわけではない。だが、実はきわめて「知的な組織」である、というのが、『失敗の本質』で有名な、日本を代表する独創的な経営学者、野中郁次郎氏の見解だ。

 野中氏は今から22年前の『アメリカ海兵隊-非営利型組織の自己革新』(中公新書、1995)と、82歳の本年に出版された最新刊『知的機動力の本質-アメリカ海兵隊の組織論的研究』(中央公論新社、2017)で海兵隊を取り上げ、「自己革新組織」「知的機動力」といったコンセプトでその組織の本質をまとめている。

「陸海空」の三軍とは別に存在する米海兵隊は、非営利組織としての生き残りを賭けて自己を見つめ直し、自己革新を行い続けているのである。そういう海兵隊の中にいて、しかも戦闘部隊で少尉から大将まで上り詰めたのがマティス将軍なのだ。

 マティス将軍は政治家ではないので、比較すべきではないかもしれないが、それにしても某国の幼稚でお粗末な防衛大臣と比べたらなんという格の違いか、とため息をつきたくなるのではなかろうか。

 マティス将軍を国防長官に抜擢したのはトランプ大統領本人であったことにも注意を払うべきだろう。自分とはまったく異なるタイプの人間だからこそ起用したのかもしれない。いや、判断を鈍らせるという理由でアルコールをいっさい飲まないトランプ大統領自身も、実は想像以上にストイックな人物だという説もある。

 エリート軍人とエリートビジネスマンに共通する特性があるのは興味深い。

筆者:佐藤 けんいち