サムスン電子の業績は「史上最高」を更新し続けている。だが、最も喜ぶはずの事実上のオーナーである李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)副会長は、拘置所で「大統領に対する賄賂罪」の裁判を受けている。

 結審直前に、サプライズの急展開が相次ぎ、サムスンの苦悩は深まるばかりだ。

 「製造業世界一の座に」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

年間利益5兆円? 製造業、世界最大の利益

 2017年7月7日、サムスン電子が、2017年4月〜6月の決算(速報値)を発表すると、韓国メディアは大々的に報じた。

 この日発表になった4〜6月決算の連結営業利益は14兆ウォン(1円=10ウォン)で前年同期比72%増だった。四半期の利益額が円換算で1兆4000億円というのは驚異的な水準だ。

 韓国メディアによると、アップルの連結営業利益は105億ドル。ウォン換算で12兆3000億ウォンだが、これを軽々と上回った。「世界の製造業で最大の利益額」と報じた。

 年間の利益額は、50兆ウォン、5兆円に達する「お化け企業」になるとの見通しも出ている。

 サムスン電子は、決算発表の3日前、ソウル郊外に建設中だった大型半導体工場で出荷式を開き、この席で、2021年までに同工場と、既存の工場に合わせて21兆ウォン以上を追加投資すると発表した。

 好調な業績を背景に攻撃的な投資に拍車をかけ、競合メーカーの追撃を蹴散らす戦略だ。

それでも、重苦しい空気

 絶好調の業績だが、サムスン電子やグループ企業の首脳の間には、浮かれた様子はまったくない。それどころか、「重苦しい空気が漂っている」(韓国紙デスク)という。

 というのも、グループの事実上の総帥である李在鎔サムスン電子副会長が依然として拘置所にいるからだ。朴槿恵前大統領に関連した一連のスキャンダルで、李在鎔副会長は逮捕・起訴されて2月末からソウル拘置所での生活が続いている。

 容疑は、「現職大統領(当時)に対する贈賄」だ。特別検察の見方はこうだ。

 李在鎔副会長とサムスングループは、副会長によるグループ経営権継承を支援するよう朴槿恵前大統領に請託し、この見返りを提供したということだ。
いったいどういうことか。

問題の合併劇

 サムスングループは、李在鎔副会長へのグループ経営権継承を加速させるために、2015年7月にサムスン物産と第一毛織の合併を実施した。

 特別検察の見立ては、前の年に李健熙(イ・ゴンヒ=1942年生)会長が心筋梗塞で自宅で倒れ、復帰の見通しが立たないため、経営権継承を急いだのだ。

 李在鎔副会長を「グループ総帥」にするためには、グループ最大企業であるサムスン電子の保有株を少しでも増やしたい。だが、サムスン電子の時価総額があまりに高く、株式を取得するのは簡単ではない。

 そこで目を付けたのが、サムスン電子の大株主であるサムスン物産だ。サムスン物産への李在鎔副会長の支配力を高めて、間接的にサムスン電子への影響力も強めようというシナリオだ。

 李在鎔副会長の持ち株比率が高い第一毛織とサムスン物産を合併させれば、李在鎔副会長のサムスン物産に対する支配力が高まる。そうなれば、サムスン電子への支配力も高まるということだ。

 合併には、難関があった。サムスン側は、「継承作業とは無関係だ」として「事業上のシナジー効果」と説明した。

 ところが、米系ファンドなど一部株主が、「一般株主の利益を無視した経営権継承のための合併だ」としてこれに反発した。特に、サムスン物産の総会で合併案が可決できるか微妙な情勢だった。

 ここで決定的な役割を果たしたのが、サムスン物産株式11%を保有していた国民年金公団が、「合併賛成」に回ったことだった。特別検察は、ここに着目した。

年金公団の役割

 サムスングループは、大統領の長年の知人である崔順実(チェ・スンシル=1956年生)が、事実上設立や運営に携わったとされる財団に多額の資金を拠出した。乗馬選手である崔順実氏の娘のために高額の馬を購入していた。

 これらは、サムスングループが、李在鎔副会長への「経営権継承作業」が円滑に進むように、朴槿恵前大統領に要請し、「政権の意向」で国民年金公団は、合併賛成に回った。財団への資金供与や馬の購入は、この「対価」、つまり、「賄賂」だという容疑だ。

 特別検察の主張を、朴槿恵前大統領、崔順実氏、李在鎔副会長の3人とも、頑強に否定している。一部メディアは、「裁判では、特に『対価性』を立証する証拠が出ていない」と報じていた。

 裁判は、8月2日に結審し、8月末にも一審判決が出る。

相次ぐ「サプライズ」

 そんなおり、判決まで1か月という時点で、ここにきて突然、李在鎔副会長とサムスンを不安にさせる「サプライズ」が相次いでいるのだ。

 7月12日、李在鎔副会長の公判に、崔順実氏の娘が「証人」として登場した。この娘は、乗馬選手として2014年の仁川アジア大会で団体戦で金メダルを獲得している。

 その後、「体育特待生」として梨花女子大に入学していたが、これが崔順実氏が無理に進めた「不正入学」だったことが判明して、入学取り消しになっている。

 娘は、2015年からドイツで乗馬の訓練をしていたが、この間、サムスングループが高額の馬を購入したり、練習場を支援するなど「破格の待遇」をしていた。

 崔順実氏とサムスン側は、「娘だけが特別な支援を受けていたわけではない。サムスンが大韓乗馬協会を通して有望選手を支援した中に、娘が入っていただけだ」などと主張していた。

 アジア大会金メダリストである娘は、支援対象の1人に過ぎず、「対価」などとは無関係だという主張だ。

 娘は、もともと、この日の証言に「欠席」するという意向を伝えていた。ところが、当日になって突然態度を豹変させ、証言台に立った。

 「天然系」キャラクターとしても知られる娘は、この日の公判で、母親やサムスンの説明とは異なる証言をした。

 「私は、サムスンが東京五輪に向けた乗馬選手育成として私を支援してくれていると思っていた。母親が、『サムスンが購入してくれた馬は、自分の馬として乗ればよい』と言うので、『どうしてサムスンは私だけを支援するのか?』と聞いたら、『うるさいね。静かにしていればいいんだ』と叱られた」

 「サムスンが購入してくれた馬の名前を変えるというから『どうして名前を変える必要があるのか?』と母親に聞くと、『サムスンが、お前だけを支援していることが知られると、いろいろとうるさいことが起きるからだ。サムスンが言う通りにすればいいんだ』と言われた」などと証言した。

 娘の証言では、サムスン側は、「崔順実氏の娘」だけを支援したということになり、これまでの崔順実氏やサムスン側の主張とはまったく異なる内容だ。

公取委員長の証言

 この証言が出た2日後の7月14日には、もっと興味深い「サプライズ」が続いた。

 この日午前、ソウル中央地裁の入り口に、就任したばかりの金尚祖(キム・サンジョ=1962年生)公正取引委員長が姿を見せた。地裁に公取委員長が何のために来たのか?

 李在鎔副会長の裁判の証人として出廷したのだ。

 「年休を取得して個人の資格で来た」

 金尚祖委員長は取り囲んだ記者にこう語った。就任したばかりで超多忙のはずの公取委員長が、わざわざ休暇を取って証人として来るというのは、異例だ。いったいなぜだったのか。

 「サムスンの経営継承問題」は学者時代の金尚祖委員長の最大の研究テーマだ。それどころか、オーナー家の継承について、繰り返し厳しく批判してきた。さらに李在鎔副会長を起訴した特別検察に助言もしていた。

 「私の証言はサムスンには苦痛」

 「私の証言は、短期的には李在鎔副会長にとっては苦痛かもしれないが、長期的にはサムスンにとっても韓国経済にとっても肯定的な契機になるだろう」

 金尚祖委員長は、証言前に記者団にこう話した。つまり、李在鎔副会長にとって「不利な証言」のために来たということだ。公判では、特別検察との間でこんなやり取りになった。

特別検察:「サムスン側は、2015年のサムスン物産と第一毛織の合併は、李在鎔副会長へのグループ経営権の継承とは無関係な経営上の判断だったと主張しているが、これについてどう考えるか?」

金尚祖委員長:「まったくそうとは思っていない。合併は、継承作業の、核心の1つだった。グループの未来戦略室が、企画してそのままのシナリオで進んだ」

特別検察:「朴槿恵前大統領が、(李在鎔氏への)経営権の継承に反対したなら、合併もなかったと思うか?」

金尚祖委員長:「そう思う。サムスン側は、2014年5月に李健熙(イ・ゴンヒ=1942年生)会長が倒れた後、回復が難しいと判断したようだ。李在鎔副会長への継承作業に時間がないという話を、サムスンの高位幹部から何度も聞いた」

 きわめて重大な証言だ。

 金尚祖委員長の証言は、合併は、「オーナー家の経営権継承のため」のもので、「時の大統領がOKしたから成功した」と述べたのだ。

 現職の公取委員長の発言だけに「今の政権の意向を反映したのではないか」(韓国紙デスク)という見方も出たが、この日の午後には、さらに「サプライズ」があった。

突然出てきた青瓦台文書

 青瓦台(大統領府)が、民政首席秘書官室の配置換えをしていた際、キャビネットから前政権(朴槿恵政権)時代の文書を大量に発見したと発表したのだ。

 この文書の中に、まさに李在鎔副会長の裁判で争点になっている「国民年金公団の賛成」に言及した部分があるのだ。

 この文書、いったい、誰が何のために書いたのかまだ分かっていない。青瓦台は、コピーを検察に引き渡したというが、その内容は興味深い。

 青瓦台が公表した内容のうちで、サムスンに関連した部分は以下の通りだ。

 「国民年金の議決権:サムスン経営権継承局面→機会として活用」

 「経営権継承局面で、サムスンが何を求めているのかを把握し、これを手助けすることでサムスンが国家経済にさらに寄与できるように誘導する方案を模索」

 「サムスンの当面の課題解決に対して、政府も相当な影響力を行使することが可能。経済民主化関連法案への対応…」

 青瓦台によると、これらの文書の作成時期は、2014〜2015年だ。この時期に何があったのか?

2014年5月:李健熙会長、自宅で倒れる→経験継承作業開始
2014年9月:朴槿恵前大統領と李在鎔副会長との最初の単独面談
2015年7月17日:サムスン物産-第一毛織合併決議。国民年金公団賛成
2015年7月25日:朴槿恵前大統領、李在鎔副会長面談
2016年2月:3度目の単独面談

 文書はどういう性格か、まだ分からないが、「サムスンの経営権継承に前政権が何らかの形で関与していたのではないか」と思わせる内容の文書が今の時点で出てきた意味は何なのか?

 意味深長だ。

 「結審直前に、崔順実氏の娘、公取委員長が相次いでサムスンと李在鎔副会長に不利な証言をした。政権が、合併に関与したかのように読める文書まで出てきた。政権の意向や世論が、判決に影響を与えるとは言いたくないが、判決に影響がないと言い切る自信もない」

 韓国紙デスクはこう語る。

 8月末に出る判決。すでにこの時点で、6か月間、拘置所生活を送ることになる李在鎔副会長にとって、運命の判決が近づいている。

筆者:玉置 直司