ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が死去

写真拡大

ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が帰らぬ人となった。77歳だった。

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」を皮切りに、数々のゾンビ映画をこの世に送り出してきたロメロ監督が7月16日、「短期間であったものの過酷な肺がん」の闘病の末、死去したことを、ロメロ監督の制作パートナーであったピーター・グルンウォルドがロサンゼルス・タイムズ紙で発表した。

ロメロ監督はお気に入りの映画作品「静かなる男」の音楽を聴きながら、妻スザンヌ・デスロチャーと娘ティナ・ロメロに見守られ、息を引き取ったそうだ。

この訃報を受け、「キャビン・フィーバー」のキャビン・フィーバーやギレルモ・デル・トロ、ロブ・ゾンビや数々の映画関係者らが追悼のメッセージを贈っている。