Appleは「世界絵文字デー」である7月17日、今年後半にiOS、macOS、watchOS向けにリリース予定の新絵文字を披露しました。

今年後半に公開する絵文字を紹介

今回紹介された絵文字は、ヘッドスカープを着用した女性、髭を生やした人、授乳する女性、ヨガのポーズをとる人、サンドイッチ、ココナッツ、Tレックス、しまうま、ゾンビ、妖精、目から星が飛び出る顔、頭が爆破する顔、など。
 
これらすべての絵文字は、6月に発表された新しい「Unicode 10」で追加予定の絵文字リストに含まれています。
 

映画を絵文字で表現


 
またAppleは同日、App Storeで「#WorldEmojiDayを祝おう」と題し各種絵文字アプリを集めたほか、iTunes Moviesのトップを、最近の人気映画や古い映画を絵文字で表現した画像に置き換えています。
 
ちなみにこちらの一番上の絵文字が表現しているのは「美女と野獣」のようです。
 

 
 
Source:Apple,MacRumors(1),(2)
(lunatic)