2017年10月27日公開の映画「ブレードランナー2049」の新たな予告編が公開されました。ライアン・ゴズリングの演じる新人捜査官Kとハリソン・フォードが演じるデッカードの他にも、多数のキャラクターの新たなカットが多数含まれています。

BLADE RUNNER 2049 - Trailer 2 - YouTube

ライアン・ゴズリング演じる新人捜査官Kが移動中



こちらは怪訝な表情をしているハリソン・フォード演じるデッカード



目が見えていないのか瞳が真っ白なのはジャレッド・レトの演じるウォレス



巨大な姿で投影されている女性



舞台となっているのは2049年のカリフォルニア。前作「ブレードランナー」は2019年が舞台だったので、30年が経過しています。



ロシア語の書かれたテントのあるところへやってきたK



どうやら、この男性が目当てだったようです。



銃を机の上に置くK



しかし、男性ともみあいになります。



壁をぶち破るシーンは「ブレードランナー」にも登場しました。



場所は変わって、薄暗く雨の降る町並み。



前作に出てきたタイレル・ビルのような内装の建物



「NEXUS 08」とプレートに書かれた、やや不気味な像が展示されています。「ブレードランナー」当時、最新のレプリカントはネクサス6型だったので、かなりバージョンアップしたようです。



レプリカントは見た目は人間とまったく同じ人造人間で、過酷な労働に用いられていましたが、使っているうちに人格が芽生えてくるという「問題」があったため、やがて寿命が与えられました。しかし反抗するため、デッカードのようなブレードランナーがレプリカントを「解任」する仕事に従事していました。

ウォレスはレプリカント製作者のようです。





木の根元近くに「6 10 21」と彫られた文字を見つけるK





そして、巨大な女性の足……?



Kやデッカードの姿に重なる声はロビン・ライト演じるキャラクターのもの。





Kよりも立場が上の捜査官のようです。



霞んだ先に見えているLAPD(ロサンゼルス市警)



ゴミ捨て場のようなところで爆発に巻き込まれるK





「SONY」と「ソニー」の文字を交互に投影しているビル



調査を開始したK。隣にいるのはマッケンジー・デイヴィスの演じる捜査官でしょうか。



デッカードたちを「狩る」ために捜索中?





装置を触っているデッカード



ビルへ攻撃が加えられ吹っ飛ぶ二人





雨の中にたたずむ女性



かなりのケガを負い流血しているK



彼らの戦いはどのような結末を迎えることになるのか



































「ブレードランナー2049」は2017年10月27日公開です。



2017/07/18 13:44追記

新たに公開されたポスターはこんな感じ。