【警告】C大阪=なし セビージャ=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ベン・ヤーデル(セビージャ)

写真拡大 (全5枚)

[2017 Jリーグプレシーズンマッチ StubHub ワールドマッチ]C大阪1-3セビージャ/7月17日/ヤンマー
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
攻守ともにセビージャに上回られ、主導権を握られた。後半は選手交代を機に反撃に出るも、1点を返すのが精一杯。1-3というスコア以上に実力の差を見せ付けられた。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 5.5
39分にはバスケスの至近距離からのヘッドを右手一本でストップ。それ以外にも好セーブを連発した。ただ43分にモントーヤのミドルを前にこぼし、ベン・ヤーデルに決められた。55分にはやや可哀そうな判定ながらPKを献上。ロスタイムにも被弾し、3失点と悔いの残る結果となった。
 
DF
2 松田 陸 5(71分OUT)
マッチアップしたサラビアに翻弄された。得意のオーバーラップを仕掛けられた回数はわずか。良さを出せぬままピッチを後にした。
 
14 丸橋祐介 5.5(63分OUT)
試合立ち上がりは柿谷とのコンビネーションで左サイドを崩しにかかった。しかし、徐々に守備に追われ、自陣に押し込まれた。期待されたプレースキックの精度もイマイチだった。
 
22 マテイ・ヨニッチ 5.5
フィジカル勝負ではセビージャ攻撃陣と互角に渡り合った。だが、ベン・ヤーデルのスピードには苦慮。何度か裏を取られた。

23 山下達也 4.5
クロスへの対応は悪くなかった。一方でカバーリングが一歩遅れるシーンがあり、後半ロスタイムには中途半端なプレーで3点目を与えてしまった。
 
 MF
10 山口 蛍 5.5
中盤で積極的にプレッシャーをかけたが、球際の勝負で負けることが多かった。後半からはアンカーとしてプレーするもバランス取りに苦心した。前への意識が高まったのは試合終盤の短い時間だけだった。
 
15 木本恭生 5(HT OUT)
ボランチで先発起用されるもセビージャの早いパス回しに付いていけなかった。アピールできぬままハーフタイムで交代となった。
 
16 水沼宏太 5.5(63分OUT)
3分のヘッド、43分の左足のシュートと2度の決定機を迎えながら決められず。中盤でのハードワークは評価したいが……。
 
24 山村和也 5.5(63分OUT)
ボールをキープできず、トップ下として機能しなかった。後半からは最終ラインに下がり、ハイボールを撥ね返した。

FW
8 柿谷曜一朗 5.5(63分OUT)
キレのあるドリブルで“らしさ”は見せたものの、持続せず。後半は最前線にポジションを移したが、ボールに絡めなかった。
 
9 杉本健勇 6(71分OUT)
16分にはゴール前で上手く反転して鋭いシュートを放つなど、前半のパフォーマンスはまずまず。後半は足が止まり、存在感が希薄になった。
 
交代出場
MF
17 福満隆貴 6.5(HT IN)
後半頭から登場し、カウンターの機会を窺った。57分には丸橋にスルーパスを通してチャンスを演出。80分には一矢報いるゴールを決めた。

DF
4 藤本康太 6(63分IN)
本職のCBではなくボランチとしてプレー。69分にはガンソからボールを奪い、前線にスルーパスを送るなど中盤の強度を上げた。
 
DF
5 田中裕介 5.5(63分IN)
カウンター時には積極的に攻め上がりボールを要求した。半面、その裏を狙われる場面もあった。
MF
7 関口訓充 6(63分IN)
80分にはR・サントスに的確にパスを送り、ゴールにつなげた。攻撃の良いアクセント役となった。

FW
19  澤上竜二 5.5(63分IN)
前線で起点になろうと奮闘。しかし、ハイボールの競り合いでは分が悪く、イメージ通りの働きはできなかった。
 
FW
11 リカルド・サントス 6(71分IN)