姉たちとの過去の確執を明かした道端アンジェリカ (C)モデルプレス

写真拡大

【道端アンジェリカ/モデルプレス=7月17日】モデルの道端アンジェリカが、16日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週土曜よる5時〜)に出演。家族と何年も連絡を取っていなかった過去を明かし、力になったという曲を聞いて涙した。

道端アンジェリカ、皮膚の持病を告白 “加工なしのスッピン”公開でエール&称賛の声続々

◆モデルになるのは当然 仕事の多い姉たちにコンプレックス


小さい頃から、「モデルになるのよ」と、当然のように言われて育ったという道端。姉たちが先にモデルとなり、中学1年で自分もモデルを始めるも、当時流行っていた「細身・色白・黒髪」という容姿に見合わないこともあり、仕事はあまり来ず、仕事の多い姉たちにコンプレックスを抱いていたという。

◆モデルを辞め16で彼氏と同棲 家族と音信不通に


姉たちへのコンプレックスから、高校のときに「モデルヤメたい」と、一度モデルを辞めた道端。姉たちは「辞めちゃうんだここで」と呆れていたという。家にもいづらかったという道端は、16歳にして彼氏と同棲。親に黙って家を出て、何年間も家族とは連絡を取らなかったと明かした。そして当時流行っていたガン黒ギャルになった道端は、姉たちにも母にも“会えなかった”そう。

◆偽名でギャル雑誌の読者モデルに


そんな道端に、渋谷のギャル向けのスナップで声が掛かり、「ギャル雑誌とかお姉ちゃん達見ないかな」と思い読者モデルに。当時、姉たちを知られるのが嫌だった道端は、「道端アンジェリカ」ではなく「アンジェ」という名前で活動をしていたという。

◆「末っ子だけ違う」世間の中傷を吹っ切れた言葉とは…


しかし、徐々に姉たちとの関係がバレ、ネット上には「3人目だけ落ちこぼれたな」「末っ子だけ全然違くね?」などという書き込みがされるようになったそう。そんな中、ネガティブな思考でしかなかったという道端の救いとなったのが、ギャル雑誌の人たちが言ってくれたという「そのままでいいんだよ」という言葉。「『黒い感じが可愛いし、金髪のままで可愛いよ!』と言ってくれたのがどんどん自信になってきた」と当時を振り返った。

◆「どんな容姿でもみんな美しい」救いになった曲を聞いて涙


そして、人生の大切なシーンで救いになった歌“チカラウタ”として、「どんな人でも、どんな容姿でも、みんな人は美しいんだよ」という曲、Christina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ)の「Beautiful(ビューティフル)」を挙げ、曲を聞いて涙を流した。

「可愛くない」と、自分で勝手にコンプレックスを作っていたという道端は、この曲を聞いて「そうだよな、このままでいいか」と思えたそう。

◆読者モデルを辞め転機が 姉との確執も解消


その後、後先悩まず読者モデルを辞めた道端に、有名下着メーカーとの契約のオファーが。しかし、事務所に入っていないと契約が出来ないと言われ、姉に久々に連絡したという。

道端が今までのことを謝ると、姉は道端のことを実は応援してくれていて、「雑誌も見てたよ。可愛かったじゃんギャル」と言ってくれたそう。そうして姉たちとの確執を解消出来たことを明かした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】