E.G.family、新体制初ライブに6万人が熱狂 “新たな一歩”印象付ける

写真拡大

 E.G.familyが、新体制として初のライブ『E-girls LIVE 2017 〜E.G.EVOLUTION〜』を、7月15日〜16日にさいたまスーパーアリーナで行い、約3万人の観客たちを熱狂させた。

(関連:新生E-girls「Love ☆ Queen」MV100万回再生突破へ 『Mステ』初パフォーマンスへの期待

 19人体制のE-girlsにとっては集大成となる最後のライブで、同時に新体制となったE.G.familyのお披露目ライブでもある。E.G.familyは、11人体制となったE-girls、Dream Ami、DANCE EARTH PARTY、Happiness、Flower、ShuuKaRen、スダンナユズユリーによるガールズエンタテインメントプロジェクト。Dreamはこの日が最後のパフォーマンスで、Dream Ayaはパフォーマーを卒業する。

 ライブは19人体制のE-girlsからスタート。Dreamのメンバー3人を中心に、「Go! Go! Let’s Go!」や「E.G. Anthem -WE ARE VENUS-」など、アップテンポなナンバーで一気に会場を温める。終始笑顔のパフォーマンスで、メンバーたちが和気藹々と最後のステージを楽しむ姿も見られた。代表曲の「Follow Me」を披露し、第一部は幕を閉じた。

 その後は、E.G.familyとしての各グループのパフォーマンスに。トップバッターは藤井姉妹によるユニット・ShuuKaRen。VERBAL、DJ MAKIDAI、DJ DARUMAによるユニット・PKCZ(R)とのコラボレーションで、クールかつミステリアスなパフォーマンスを披露する。その後、EXILE SHOKICHIのオリジナル映像からの紹介で、Flowerが登場。エレガントなパフォーマンスで会場を魅了した。さらにHONEST BOYZの映像からHappinessへ、CRAZY BOYの映像からスダンナユズユリーへと、EXILE TRIBEの面々とのコラボレーションで、クールなパフォーマンスが続々と展開される。

 ソロ活動に専念することになったDream Amiが登場すると、会場の空気が一変。甘く華やかな世界観で、確固たるアーティスト像を見せた。さらに、E.G.familyとEXILE TRIBEの架け橋となるDANCE EARTH PARTYが登場。「NEO ZIPANG〜UTAGE〜」など、ピースフルな楽曲で盛り上げた。

 そしていよいよ、新生E-girlsが登場。新曲「Love☆Queen」では、これまでのE-girlsとはまた一味違う、洗練されたパフォーマンスでファンたちを釘付けにした。E-girlsの新たな門出は、ファンたちからも心から祝福されているようで、これからが楽しみだ。

 アンコールのあとは、Dream Ayaを中心にE.G.family全員が登場し、それぞれに決意表明。E-girls兼Flowerのメインボーカルを務める鷲尾伶菜は、「E-girlsの先頭に立って、皆さんと一緒に夢をかなえていきたい」と、今後のE-girlsの中核となることを宣言。また、この日が最後の共演となるDreamのメンバーは、感極まって涙する場面もあり、Dream Amiはかつての苦労を振り返りながら、「E-girlsに出会って、私の人生は180度変わりました」と感謝を伝えた。また、活動初期からの盟友であり、E-girlsのリーダーを努めてきたDream Ayaは、「過去を振り返っても『ありがとう』という感謝の気持ちであふれています」と涙ながらに伝えた。

 最後の一曲「Love Dream Happiness」は、まさにDreamの15年に及ぶ活動と、その根底にあった想いをそのまま歌にしたような楽曲で、Dreamのメンバーは、後輩たちに支えられながら歌い上げ、会場は温かい拍手に包まれた。

 なお、新生E-girlsが7月26日に新シングル『Love☆Queen』をリリースするほか、E.G.familyの各グループは続々とリリースを控えている。今後、彼女たちがさらに“進化”したガールズエンタテインメントを届けてくれることは間違いなさそうだ。リアルサウンドでは後日、本公演のパフォーマンスを詳細に分析したレビューを掲載する。(リアルサウンド編集部)