泉谷しげると松本人志、「飽きてから」が重要と力説

写真拡大

泉谷しげると言えば小室等・吉田拓郎・井上陽水とフォーライフ・レコードを設立した著名なフォークシンガーである。1972年に発表した『春夏秋冬』(作詞・作曲:泉谷しげる)は多くのアーティストにカバーされており、泉谷がアレンジを変えてセルフカバーしたバージョンは1989年放送のドラマ『あなたが欲しい - I WANT YOU -』(フジテレビ系)の主題歌に起用された。2013年大晦日、NHK紅白歌合戦に彼が初出場した際も新年に向け『春夏秋冬2014』と題して歌うほどの代表曲だ。

7月16日のトークバラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)にその泉谷しげるがゲスト出演し、『春夏秋冬』に絡めて興味深い話を聞かせてくれた。

テニスのウインブルドン選手権男子シングルス1回戦で敗れたオーストラリアのバーナード・トミック選手(24)が、試合後に「気持ちの面で試合する状態になかった。正直に言うとテニスに飽きていた」と発言して批判を浴びた。番組でその話題を取り上げたところ、ヒップホップグループ・スチャダラパーのBoseが「シンパシーを感じる」と言い出す。彼が大きなロックフェスに出演すると「皆の好きなワンオクロック! 後で来るから!」と自虐的に言ってしまう気持ちに似ているというのだ。

Boseのたとえに大ウケしながら松本人志は「テニスプレイヤーと我々芸人はちょっと違うのだろうが」と前置きして、「“飽きてからが本番”だというところは確かにある。ストレートに楽しんでいるうちはまだまだかな、マンネリした時にどう楽しむかが本当のプロなのではないか」という趣旨で持論を展開した。

女優の宮澤エマは松本の話から自身の体験を思い出す。以前、舞台の本番を前に通し稽古を重ねていた時のことだ。3回目の通し稽古が始まる直前にある俳優が「もう通し飽きたな〜」と大声で言ったので、全員が沈黙して変な空気になってしまった。その後しばらくして宮澤はその俳優と食事する機会があり、その時のことを聞くと反省しながら「あの時は自分のなかで何かがおかくて、むしゃくしゃしたものを吐き出しちゃった」と明かしたそうだ。

誰しも胸のうちをつい口にしてしまうことはあるものだ。ただ、宮澤はテニスの試合でそれをやっては「自分が飽きていたから負けたのだというようなもので、相手の選手の価値まで下げてしまう」とバーナード・トミック選手の言動については批判的だった。

トークが熱を帯びてきたところで、東野幸治が泉谷しげるに「『春夏秋冬』なんてどれくらい歌っているのか?」と話を向けた。泉谷は「しょっちゅう飽きてますよ!」と即答して笑わせながらも「本当に飽きた、飽きたんだけど、飽きてからなんだよ!」と松本と同じような感覚を明かす。「本当の力が出るのは嫌々やってる時なんだよな。嫌々やっている時は力が入っていないから本当にできる。盛り上がっている時は力が入っちゃうんだよな」という言葉に松本も「絶対そうですよね。俺もそう思うな」と共感していた。

泉谷がまだ若かりし頃は観客を前に歌っていると「このファンはさだまさしのファンだなこの野郎!」「ノリが悪いからさだまさしのファンになれ!」などと頭の中で考えてしまったが、今となってはファンがいてもいなくても状況に関係なく自然体で『春夏秋冬』を歌えるそうだ。「プロの選手みたいに全部同じところに入れる。そういうプロ意識は完全に出来てるから」という。

ちなみに2015年5月14日、89歳で他界したブルースギタリストのB.B.キングは「偉大なるワンパターン」と良い意味で評されたプレイスタイルを最後まで崩さなかった。彼もまた「飽きてから」の境地に入ったからこそ歴史に残るミュージシャンとなれたのだろう。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)