付き合ったばかりのエッチは毎回ドキドキもの。でも女性としては、彼に裸を見せることが恥ずかしいのも事実ですよね。

たとえばあまり舐められなくない場所も、そのうちのひとつなのでは?

『ラブリサーチ』が行った「彼とのエッチで“舐められたくない場所”はありますか?」というアンケートでも、女性124人中「はい」と答えた女性は74人でした。



出典:https://www.shutterstock.com

女性にとっては舐められたくない場所も、男性にとっては舐めたい場所だと、エッチ時の反応に困ってしまうもの。今回はその葛藤の解決策がないか、アンケートに寄せられたコメントをもとに探ってみたいと思います。

 

■剃り残し、匂いが気になる「ワキ」

「汗かきで匂いも気になるから。」

「毛の処理にも自信がないし、匂いが何より心配。」

「汗臭かったり、お手入れが行き届いていないと気になります。」

参考:https://www.lc-net.net/quick_en/ques2270/?_bdadid=PT2JIZ.0000aj5dq

頑張ってムダ毛処理をしても、ワキは処理しづらい場所。剃り残しに彼がドン引き、ではショックですよね。ただでさえ汗が出やすい箇所です。

彼としてはわざと舐めて、彼女を辱めたいと思っているかもしれませんが、女心としてはなかなか複雑です。

毛が濃い場合は、思い切って脱毛してしまうか。匂いはエッチ前のシャワーを徹底すれば、彼も引きはしないと思います。むしろ、多少の汗のにおいは……というエッチな男性は、意外と多いかもしれません。

 

■興味はあるけど…「お尻の穴」

「やはりお尻の穴はちょっと無理かも。いくら気持ち良くっても汚いから。でも、アナル処女の女の子が、一度味をしめると狂ったように求めるらしいので、一度経験したい気持ちはあるけど」

「お尻の穴。たまにされるけど、ニオイ嗅がれるのが恥ずかしい」

「アナルかな慣れれば気持ちいいのはわかっているけど洗っても汚いし指入れられるのも気が引けるし」

参考:https://www.lc-net.net/quick_en/ques2270/?_bdadid=PT2JIZ.0000aj5dq

おそらく女性が最も抵抗を感じる場所でしょう。プレイのひとつに挙げられるアナルですが、「そこはちょっとキツイ……」という女性もいるかと思います。「ムリ!」という場合は、素直に彼に言って良いと思います。

でもちょっとでも興味があるなら、専用器具でキレイにして、彼と一緒に開発してみるとプレイの幅が広がりそう。

男性も興味があるなら、多少の失敗は気にしないかも? 何なら、彼の後ろも開発してあげるとか。

むしろそこまで見せたら、もうふたりに怖いものはない! そんな前向きな気持ちで、プレイをきっかけにふたりの絆を深められるといいかもしれません。

 

■舐められても気持ち良くない「足の指」

「足の指。靴の中はいつも蒸れてくさいし、裸足のときは床で汚れるし……本当にやめてほしい。」

「シャワー後でもやっぱり衛生面でちょっと抵抗が……」

「足の指を1本1本丁寧に舐められるのが苦手……。汚いしくすぐったいだけで気持ち良くない。」

参考:https://www.lc-net.net/quick_en/ques2270/?_bdadid=PT2JIZ.0000aj5dq

少女マンガやAVを見ると、男性が女の子の足の指を舐めるシーンもあります。

でも、現実は足の指を舐められても感度は低く、ちゃんと洗えていないかとむしろ気になる部分ですよね。解決策としては、プレイ前にお互いの足を納得いくまで洗ってあげましょう。

足の形がキレイでかわいいから、舐めたい男性もいると思います。俗にいう脚フェチですね。「彼の興奮を誘うなら」と大目にみて、ちょっと女王様気質に彼とのエッチを楽しんでみては?

 

女性にとっては舐められたくない場所でも、男性にとっては舐めたい場合もあります。彼の性欲を高めるポイントにもなると思うので、“汚い場所”と固定概念を持ちすぎないことも大事かも?

自分の体を愛してくれる彼への想いを受け止められると、もっとエッチが楽しくなると思います。

【参考】

※ ラブリサーチ

【画像】

※  limonstrik/shtterstock

【関連記事】

※ 永遠の憧れ。男が「エッチしたい!」と思う理想の女性

※ マジかよ…男がウンザリした「悪夢のような」エッチ体験談

※ たまにはアリ?女子がリードするエッチの進め方

※ 「やべぇ、興奮する…!」男がドキドキするエッチないたずら

※ あわよくば…!ゲス男が狙っているエッチな展開

※ 「ガマンできない…」エッチ中の自然な演技テクニック