< アメリカ・フロリダ州 > エミリーさん(仮名)・アメリカ人女性20代>

筆者は毎年500人以上の外国人に対し、「あなたは今までに不思議な体験をしたことがありますか?」と聞いている。今回は、ある20代のアメリカ人女性から聞いた話をしようと思う。この女性はエピソード1の女性のような霊感は無いが、その体験はとても興味深いものとなっている。

若い女性であればだれしもが興味を抱くことのひとつが、「占い」であろう。その点は日本人女性でもアメリカ人女性でも同じようである。エミリー(仮名)は大学在学中に自分の将来について占ってもらうため、友人の女性と2人で「ロマ」と呼ばれる占い師を訪ねた。

 

ロマとは彼らが自らに対し名付けた総称である。一説によれば、彼らは特定の住まいを持たず放浪し、持ち前の芸や占いで生計を立てているという。若気の至りなのか、彼女達はミステリアスな印象を抱いたロマたちのテリトリーに入り、占ってもらおうと考えたのである。エミリーは後に、この占い体験を「とても怖かった」と語っている。

 

占いはまず、中央の部屋に案内されたそうだ。具体的な建物(?)の全体像は分からないが大きな大小のテントのようなものかもしれないと想像する。彼女たちは2名で訪れたが、占いはひとりずつ行われる形式だったらしく、ひとりが占ってもらっている間はもうひとりは別室で待機する流れだったらしい。まずはエミリーが占ってもらう。中央の部屋の真ん中に古いイスが置いてあり、彼女はそこに座るように指示された。

 

目の前に若い男性のロマの占い師が居座り、呪文を唱え始めた。エミリーは英語以外にスペイン語も流暢に分かる。彼女いわく、スペイン語のように聞こえたが意味が分からなかったと言う。察するに、古い言葉か…それともなんらかの呪文そのものであるかのどちらかであろう。部屋の中は薄暗く、独特のお香が漂っている。占い師は呪文を唱え終わると静かに目を閉じた。

 

エミリーは彼のその様子をじっと注視していた。彼は相当に集中し、額からは汗が流れているのが見えたと語っている。このあたりの描写からエミリーも占いの動向にかなりの意識を向けていたことがうかがえる。そして彼が口を開き、見えたイメージを彼女に伝え始めた。

 

占い師いわく、

 

「ひとりの子供‥あなたに似たひとりの子供が見えます、その女の子は部屋で遊んでいます。その子はピンクのレギンスを履いていて、チョウチョ柄のシャツを着ている…これはあなたの、…姉妹です。イエス、きっとそうだ。」

 

エミリーはこれを聞いた瞬間、心臓が止まりそうだったという。エミリーはこの占いに来る前、彼女の妹が家に居て、まさにこの格好をしていたからである。つまり、この占い師が行ったのは千里眼の能力ということになる。

 

占い師はさらに、

 

「…私にはあなたの現在が見えます。あなたの過去、そして、あなたの未来も」

 

エミリーはうなずき、そして彼は伝えつづけた。彼女自身の個人的な情報のやり取りが行われた後、彼は未来について語り始めたのである。

 

「…赤ちゃんが見えます…背の高い女性が赤ちゃんを抱いています…その女性はあなたに近い存在…あなたは…、あなたは結婚します…。…その男性は、…グラスを持っています…あなたは幸せになるでしょう…」

 

占いはここで終わる。エミリーは彼の言葉を聞いている間、とにかく気味が悪くて怖かったといっている。それもそうだ、特殊な閉鎖された空間にひとり…友人は別室だ。そしてなにより、どうして彼がエミリーの個人情報や遠く離れた家の様子までも分かっているのか。

 

だがその後、友人と交替し、友人共々占いをすませてからは「ウッソー!」とかキャッキャいいながらその場を後にしたそうである。

 

それから数年の月日が流れ、彼女は現在も20代だがすっかり働く社会人となっている。彼女は、根は真面目な女性だ。おそらく。肝心の占いの結果についてであるが、占いの2週間後にある出来事が起こったのである。

 

エミリーのおばにあたる女性が妊娠したのである。そのおばは背が高いそうだ。あの占い師は、エミリーに近い存在の女性が赤ちゃんを抱いているというイメージをエミリーに占いで伝えた。それはおばだったのだ。そしてエミリー自身についても、結婚して幸せになるでしょうとロマは「予言」したわけであるが…

 

エミリーは現在も独身だ。この点についてエミリーは、

 

「あのロマは特別じゃなかったんだわ。きっと。結局、未来は自分の力で切り開くもの。そうでしょ?」

 

私はそうだねと返事を返したが、そのロマは非常に優れた能力の持ち主だったと私自身は確信している。私自身、予知レベルの非常に高い霊能力を持った人と今までに数名出会い、私自身の過去について当ててもらった事がある。未来も聞いたことがあるが、未来についてはある条件によって当たる確率が変動することがわかった。

 

未来はパラレルワールド。次に来る結果は様々な分岐点を経て決まる。距離が長ければ長いほど、分岐点は増えるのである。つまり言いたいのは、時間的に遠ければ遠いほど分岐点は増加し、未来の結果はそれだけ増えるのである。

 

あの占い師は2週間後という距離をかなり正確にいい当てた。しかし数年も先の結果については、見えるイメージが多すぎたのである。私が思うにその占い師はおそらく、若い女性を落胆させず希望を抱かせるイメージの方を(エミリーに)伝えたのだと思う。

 

エミリーからの占い師に対する評価は高いものではなくなってしまったが、その占い師はとても良い仕事をし、そして本物だと私は思った。

 

文=MASK校長

 

「ムーPLUS」のコラム・レポートはコチラ