@AUTOCAR

写真拡大

■どんなクルマ?

i30はニュル育ち ヒュンダイの主張

ヒュンダイi30ツアラーは、ヴォクゾール・アストラや、フォード・フォーカス、それからフォルクスワーゲン・ゴルフをライバルに据えたエステートであるものの、これはなかなか厳しい市場での戦いである(ご存知のように)。

熾烈を極める市場だけれどエントリーレベルの価格は£17,495(259万円)で、値段にしてはドライビングも楽しい仕様となっている。というのも開発の多くをニュルブルクリンクでの走行テストに費やしたおかげだ。

このクルマはエステート(ワゴン車)である。ライバルたちを打ち負かすには荷室の容量が勝敗を左右するのは言うまでもないだろう。

勝つための絶対条件は実用性

i30ツアラーの荷室容量は、シートを立てた状態で602ℓ、シートを倒した状態だと1650ℓにもなり、これはライバルたちのなかで最も容量が大きい。

ちなみにゴルフ・エステートと比べると30ℓ多く、i30のハッチバック・モデルとは309ℓも違う。幸先のいいスタートを切った。

ただし外観は目に留まるようなデザインではない。ほっそりしたキャビンのなかにあるのは、ハッチバックと共用の内装。

整頓されたセンターコンソールに、5インチ、ないし8インチ(オプション装備)のタッチスクリーンが備わり、Apple CarPlayやAndroid Audio、3Dビューのナビゲーションといったインフォテインメントシステムが組み合わさっている。

ボンネット下のエンジンは、いくつかの選択肢のなかから選べるようになっていて、エントリーレベルでは118psの1ℓの3気筒エンジン、一番高いのは131psの1.6ℓ4気筒ディーゼルエンジンとなる。

今回われわれがテストしたのは138psを発生させる中間クラスの1.4ℓT-GDIエンジンである。

■どんな感じ?

「ニュル品質」をうたう権利はある?

ニュルブルクリンクでのテストを引き合いに出す新型車は多く、そういう意味ではニュルでテストを行ったという価値はもはや無いのかもしれないが、i30に関してはスムーズな乗り心地と、しなやかなドライビングという点でちゃんと「ニュル品質」をうたう権利があるようだ。

ダンパーはいい仕事を見せ、高速道路やワインディングで車体に伝わってくる衝撃をうまく吸収してくれていた。

今回のテスト車両である1.4ℓのエンジンは、0-100km加速テストで9.2秒という好タイムをマークし、またトップスピードは約210km/hであった。

1500rpmで最大トルクの24.6kg-mを発生させ、クルーザーとしての一面も持っているが、しかし燃費は公称値である1ℓあたり25kmには遠く及ばず、18.8km/ℓというのが実情であった。

エンジンのポテンシャルを最大限に引き出したいのならば6速マニュアルを推す。いっぽう素早いギアチェンジが自慢のデュアルクラッチ7速オートマもなかなかのもの。

ヒュンダイが言うには、i30ツアラーはクラス最優秀のドライバーアシスト機能が備わっているそう。

それぞれを追っていこう。

乗っていて「損した気持ち」にならないか?

たしかに今回テストしたプレミアムSEにも死角センサーや車線逸脱をアラームで教えてくれる機能、それから標準装備でクルーズコントロールとレーンキープ機能が付いている。長距離ドライブも、これだけの機能があれば疲れ知らずだ。

疲れ知らずなのは、ロードノイズの低減もある。高速道路でもドアミラーの周辺から聞こえてくるほんのわずかな風切り音があるくらいで、ライバル車と比較してもこれは高い水準である。

シートはレザーで、どよく調節できるランバーサポート付きだ。後席空間もいい感じ。

6つのスピーカーは良質な音を奏でるが、ナビの案内はフロントシートに座っている人にしか聞こえない気遣い仕様。

唯一残念なポイントは、USBの充電スポットが1カ所、フロント側にしか存在しないという点。これでは子どもが移動中に飽きてしまう(ファミリーのユーザーも多く見込まれる)。

手に触れる場所にはレザーがあしらわれているものの、室内のパネル類の多くは黒やグレーのプラスティックで質感は硬い。これではせっかく良いデザインのインテリアも台無しだ。

プレミアムという名前にはふさわしくない、そう感じた。

■「買い」か?

「目指せVW」だけじゃダメ

ヒュンダイi30には先進装備が詰まっている。改良も加わり、快適なドライブが可能だが、中間クラスの1.4ℓプレミアムSEは£24,740(360万円)もする。これはゴルフの高価なモデルと同じくらいだ。

どちらのほうがいいかは明白ではないだろうか。

もちろんi30はドライバーをアシストしてくれる良いクルマであり、荷室の広さは有意義な時間を過ごすのに一役買ってくれるはず。

成熟し、クオリティも上がっているが、しかし、ライバルと比べると、個性や、欲しいと思わせる動機づけに欠けているとも言える。

フォルクスワーゲンを目指しているのでは、フォルクスワーゲンに勝てない。フォルクスワーゲンを超えるところを最初から目指してほしい。できるならば。

ヒュンダイi30ツアラー1.4T-GDi プレミアムSE

■価格 £17,495(259万円) 
■全長×全幅×全高 - 
■最高速度 210km/h 
■0-100km/h加速 9.2秒 
■燃費 18.2km/ℓ 
■CO2排出量 129g/km 
■乾燥重量 - 
■エンジン 直列4気筒1353ccターボガソリン 
■最高出力 140ps/6000rpm 
■最大トルク 24.6kg-m/1500rpm 
■ギアボックス 6速マニュアル