中国・上海のショッピングモールで、休憩用ブースの中でテレビゲームに興じる男性(2017年7月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】疲れた顔をした男性が従順に妻の後をついて店から店へとまわる姿は、世界中のショッピングモールでよく見かける光景だ。だが、中国はこれに解決法を見出した。「夫用の休憩所」だ。

 未来版の「隠れ家」と言えるガラス張りのブースには、快適なマッサージチェアとテレビ、コンピューターゲームが用意され、パートナーが買い物をしている間にくつろげるようになっている。製造している上海(Shanghai)のメーカー「Ingrem」は、中国初の試みだとうたっている。

 1セット4万元(約66万円)で、これまでに上海の高級ショッピングモール4か所に導入された。使用の際はスマートフォンのアプリを通じて予約でき、現在のところ無料だ。
【翻訳編集】AFPBB News