ダルビッシュ有と大谷翔平【写真:田口有史】

写真拡大

20歳野手放出は大谷獲得のため? 地元紙「奇妙なトレード」

 今季限りでダルビッシュ有投手との6年契約が満了するレンジャーズが、日本ハムの大谷翔平投手獲得に向けて着々と準備を整えているようだ。球団は14日に20歳のベネズエラ出身内野手、イェイソン・ユリザリをホワイトックスにトレードに出したと発表。1A所属のマイナーリーガーの放出について、地元メディアは「奇妙なトレード」と表現し、新労使協定の中で定められている「インターナショナル・ボーナス・プール」の枠を空けるための措置ではないかと伝えている。

 ユリザリは2013年に海外フリーエージェント選手としてレンジャーズと契約。2015年には3Aまで昇格した経験もあるが、今季は主に1Aでプレーしていた。そんな若手選手が放出されたことを受け、地元紙「スターテレグラム」は「トレードがどのようにレンジャーズを助けるのか」と特集した。

 昨年12月にメジャーリーグ機構(MLB)と選手会の間で合意に至った新労使協定では、海外若手選手の“青田買い”を制限するために設けられている「インターナショナル・ボーナス・プール」の対象年齢が22歳以下から24歳以下に引き上げられた。「インターナショナル・ボーナス・プール」とは、国外選手と契約する際に設けられている契約金額の上限で、戦力不均衡が起こらないためのルール。各球団の成績によって上限金額は異なるが、超えた場合には罰金も含めた罰則が規定されている。対象年齢が「24歳以下」に引き上げられたことで、ポスティングシステム(入札制度)の大幅な変更などがない限り、大谷が今オフに移籍を目指した場合にはこの影響を受けることになる。

新労使協定のもとで大谷獲得へ準備着々「契約を試みることができるのか」

 さらに、新労使協定では各球団のボーナス・プール上限が500万ドル(約5億6300万円)になるという新ルールが設けられた。他球団とのトレード等で金額枠が動かせるが、上積みできても最大で1000万ドル(約11億3000万円)程度になるとされている。レンジャーズのユリザリ放出は、契約金額の枠を空け、大谷獲得への準備を進めるための措置ではないかというのだ。

 記事では「レンジャーズは新たな日本のスーパースターとの契約を試みることができるのか? 球団は土曜の午後に奇妙なトレードを発表した」と紹介。そして「もしかしたらレンジャーズは日本の二刀流の怪物ショウヘイ・オオタニとの契約に向けて努力するための財源を確保しているのかもしれない」と推測している。

 大谷については「日本で正真正銘の二刀流選手とされている」と紹介。「オオタニが本当にMLBの様子を伺うことになるかどうかは分からない」としつつ「リーグが改正したインターナショナル・ボーナス・プールのシステムはMLB公式サイトによると、オオタニの契約金を上限1010万ドル(約11億3600万円)に定めている」とも言及した。

 今季限りで契約が満了となるエース右腕ダルビッシュの残留に向けても、力を注ぐと見られているレンジャーズ。2人の日本人投手を揃えるため、本腰を入れることになるのか、注目が集まる。(Full-Count編集部)