夏のエアコン商戦がピークを迎えている。寝苦しい夜が続くと、売り場へ足を運ぶ人が増えるという =東京都新宿区の家電量販店「ビックカメラ」新宿東口店

写真拡大

 梅雨が明けると、本格的な猛暑がやってくる。

 熱中症は7月に急増し、それによる死者は同月下旬から8月上旬の猛暑日に集中している。予防にはこまめな水分補給や、部屋の状況に合わせたエアコンの使用が大切だ。(牛田久美)

 ◆夜間、屋内も要注意

 「起きたら体が動かなかった。意識がなかったら命を失っていたかと思うと、恐怖を覚える」。東京都大田区の読者、鈴木清美さん(69)から熱中症の体験をつづった手紙が編集局へ届いた。

 鈴木さんは「夜風の涼しい部屋で眠り、問題なく過ごしていた」という。だが熱帯夜が明けた朝、動けなかった。搬送先の病院で熱中症と診断される。「点滴中、ずっと体を冷やされた。よほど熱がこもっていたのですね」

 熱中症は、高温多湿に体が適応できず引き起こされる脱水症状などの総称。めまい、頭痛、吐き気などの症状を引き起こす。

 ◆涼しい場所で過ごす

 鈴木さんは幸い自力で対応できたが、厚生労働省によると、平成28年までの10年間(夏季)、熱中症で亡くなった人は7932人。東京都によると、昨夏、23区は屋内が19人、屋外が6人で屋内の方が多かった。最多は80代。67%がエアコンを使っていなかった。

 気象庁の予報では、この夏、全国的に平年より気温が高くなる見込みで、熱中症には一層の警戒が必要だ。予防は、涼しい服装▽のどが渇かなくてもこまめに水を飲む▽日傘や帽子を活用する−など。子供は適度な外遊びで暑さに慣れることも大切。東京都八王子市や三重県松阪市には「まちなか避暑地」など、外出先での避難所も各地にあり、上手に利用したい。

 ◆10年使う高額商品

 家電量販店「ビックカメラ」(本部・東京都豊島区)ではエアコン商戦がピークを迎えている。

 最近は「部屋全体を冷房する」機種と「人に向けて冷房風を吹く」機種に大別される。部屋の大きさや木造、鉄筋など構造のほか「在宅が多い」「寝室用で冷えすぎないように」など詳しく伝えると、暮らしに合った性能を提案してもらえる。

 電気代の節約には、電源を頻繁にオン、オフしないこと。暑い部屋の温度を下げる際に大きな電力を使うため、運転を続けて室温を一定に保つ方が電気代を抑えられる。

 「富士通ゼネラル」広報IR室、戸張健さん(48)によると、省エネルギー法改正で、平成17年以降、国内販売の機種はすべて省エネモデルとなった。梅雨明けは工事件数が増えることから、買い替えも早めの対応を勧める。

 戸張さんは「エアコンは見た目が似ていて、購入時に機能を体感できない。しかし、一回購入したら約10年は使う高額商品。遠慮なく各メーカーや販売店に問い合わせて、しっかり検討して購入してほしい」と話している。

                   ◇

 ■読者からのお手紙

 ◆声も出ず動けないまま時が過ぎた

 蒸し暑い日本の夏。猛暑が続く朝だった。

 起きようとしたら頭が動かない。何度試みても枕から1ミリも頭が離れない。「これが熱中症か」とゾッとした。

 電話は左側30センチほどの所にあるが、声も出ず動けないまま時が過ぎた。無性にのどが渇いた。昼過ぎ、少しずつ動けて台所まで腹ばいで行き、やっと水にありつけた。だが保冷剤を体にあてても強いめまいがやまない。やはり救急車か−。

 ためらいつつ、相談しようと119番。経緯を話すと「心配だから行きます」と救急隊がすぐ来てくれてありがたかった。担架に横たわり、顔に注がれた日差しの強さが忘れられない。

 エアコンはその年に購入した。水分補給と健康管理に努め、今夏を無事に過ごしたい。