松井咲子、仁藤萌乃、田名部生来、片山陽加(画像は『仁藤萌乃 2017年7月17日付Twitter「プライベートで水着着るのなんてまず無いのでレア。」』のスクリーンショット)

写真拡大

AKB48を7月23日の握手会をもって卒業する“たなみん”が、OGたちと東京プリンスホテルで開催中の“CanCam Night Pool 2017”を満喫した。彼女が7月17日に『田名部生来(mnkspan)ツイッター』で「ほとばしるリア充感」とビキニ姿で楽しむところを公開している。

一緒に過ごしたのはグループを卒業した松井咲子(7期生・26)、仁藤萌乃(5期生・24)、片山陽加(3期生・27)の3人、田名部生来は3期生・24歳となる。それぞれ所属事務所も違うこのメンバーが揃うのは珍しい。

なかでも仁藤は『仁藤萌乃(moenoxxx)ツイッター』にて「プライベートで水着着るのなんてまず無いのでレア」「こんな遊びしたことないから他人の写真見てるみたいな気分〜笑 すきよ」と号泣絵文字でつぶやいており、良い思い出になったようだ。田名部のツイートには「私たちに縁のない言葉、リア充」と返している。

ちなみに田名部は「明日風邪ひきそう笑」と振り返るが、『松井咲子(skc1210)ツイッター』によると「ナイトプールなので焼ける心配もなくてたのしさ100」だという。東京タワーや三日月の絵文字で夜景が楽しめるメリットも表していた。

画像は『仁藤萌乃 2017年7月17日付Twitter「プライベートで水着着るのなんてまず無いのでレア。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)