やるなら楽しい方がいい!プログラミングはドローンで学ぼう

写真拡大 (全6枚)

2020年度から小学校での教育が必修化されるということで、プログラミングが注目を集めています。大人も子どももどうせ学ぶのだったら楽しいほうがいいよね! ということで、ドローンを通じてプログラミングを学んでみませんか。独創的なカタチのドローンはホバークラフトにもなるというから驚き! 大人も本気で楽しんじゃいそうです。

ソフトバンク コマース&サービスから登場したのはMakeblock社のプログラミング教育用ロボット「Airblock(エアブロック)」(2万3760円)。ビジュアルプログラミング<スクラッチ>をベースとしたプログラミングソフトで、簡単にプログラミングを学べます。と、ここまでならよくあるプログラミングキットなのですが、「Airblock」が面白いのは"ドローンで学べる"ということ。

しかも、従来のドローンのようにスマホを使ってコントロールするだけでなく、プログラム飛行を可能にしたモジュール式ドローンなのです。離着陸、旋回、宙返りなどをプログラミングして自動操縦で飛行ができますから、プログラミングの楽しさもドローンの面白さも同時に味わえます。

▲ホバークラフト型

しかもこのドローン、モジュール式のブロックで様々な形態を楽しめ、プロペラの配置や数を変えられます。付属のベースと組み合わせれば、ホバークラフト型にもなりますし、LEGOなどとも互換性がありますから組み合わせそのものを自由に楽しめます。

また、ドローンといえば、操作がうまくできるか不安という方もいると思いますが、ご安心を。衝突または落下した際にはあえてバラバラになることで衝撃を分散し、ぶつかったモノやドローン本体の損害を最小限に抑えます。本体はバッテリー込みで約150gと軽いので、屋内でも安全に使用できますよ。

対象年齢は8歳からということで、夏休みの工作にもいいですね。子どもより大人のほうがハマっちゃうかもしれません!

>> ソフトバンク コマース&サービス「Airblock(エアブロック)」

 

(文/&GP編集部)