「やせ麺」でノンストレスダイエット! 美味しくてカラダにいい簡単レシピ

写真拡大

「おいしく食べてやせたい」というのは女性にとって永遠のテーマ。忙しいママにとっては、手軽にパパッと作れて、野菜もたっぷり入っていたら、さらに嬉しいですよね。

罪悪感ゼロのヘルシーフード「ブリスボール」!ママにおすすめな理由は?

そんな願いを叶えてくれるのが「やせ麺」。麺料理なので一皿で満足でき、いろいろなおかずを作る必要もなし。

さらに麺類といえば、子どもも喜んで食べるメニューの一つですよね。お休みの日のランチなどにもぴったりな時短メニューとしても最適です。

今回は書籍『500kcal台以下の やせ麺100』から、カロリーダウンのポイントをご紹介します。

「やせ麺」でおいしく健康にダイエット!

本書で紹介されているレシピはすべて500kcal台以下。1食分の理想的な摂取カロリーは男性700kcal、女性600kcal以内なので、500kcal台以下ならダイエット効果が期待できるそう。

また、野菜50g以上とたんぱく質が入っているのも特徴。野菜は便秘解消に、たんぱく質は脂肪燃焼につながります。

かさ増し食材を使って、満足感アップ

カロリーを減らすために気をつけたいのが、油の量と、麺の量だといいます。油の量は、例えばお肉を「炒める」「揚げる」ではなく「ゆでる」「蒸す」などにチェンジすれば美味しくカロリーダウンできるそう。

また、麺の量も単純に減らすだけでは満足感がなくなってしまうので、野菜でかさ増しを。

ポイントはえのきやもやしなど、味がたんぱくで麺と一体化しやすいものを選ぶこと。野菜を細かく刻み、ひき肉と混ぜたものを具にするのもおすすめだそうです。

ゴボウやモヤシの「ベジ麺」でさらにカロリーダウン!

さらにカロリーダウンを目指すなら、「ベジ麺」を使ってみては?最近は野菜を麺状にカットするグッズも売られていますが、ピーラーがあれば大丈夫!ごぼう、人参、大根などを細長く切れば麺のように使うことができます。

本書で紹介されているレシピはごぼうを使った「とろろそば風」や、ゆでたもやしを麺の代わりにした「冷やし中華風」や、「ジャージャー麺風」など。どれも夏にぴったりですね。

食べ過ぎた翌日にベジ麺を使って、体をリセットしましょう。

今回は本書の中から、「ごぼうのぶっかけとろろそば風」をご紹介します。

ごぼうのぶっかけとろろそば風

【材料(2人分)】

ごぼう1本(約200g)、納豆1パック、長いものすりおろし10cm分(約200g)、万能ねぎの小口切り2〜3本分、めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2、塩適量、練りわさび少々

【作り方】

(1) ごぼうは皮むき器で10〜15cm長さに薄くそぎ、さっと水にさらして水をきる。鍋に湯を沸かして塩を入れ、ごぼうを入れて6〜7分ゆでる。ざるにあけて湯をきる。

(2) 器に盛り、長いも、納豆、万能ねぎをのせる。わさびを添えて、めんつゆを水大さじ4で希釈してかける。

しらたきの麺なら、ボリューム料理も安心

低カロリー食材の代表といえるしらたきは食物繊維も豊富でダイエットの味方。味をしっかりつければ満足感も高まります。

本書で紹介されているレシピは「かた焼きそば風あんかけ」や「豆乳カルボナーラ」「ミートソース」など。麺が低カロリーなので、ボリュームのあるソースでも安心ですね。

これなら、ママの麺だけをしらたきに変えて、パパと子どもはいつも通りのパスタで、という食事の出し方もできるので、家族全員満足しつつも、ママはダイエットできちゃいますね!

いかがでしたか。本書ではうどんや焼きそば、パスタなどの麺料理も多数掲載されています。野菜がたっぷり食べられるのでお子さんにも安心ですね。

満足感たっぷりなのに、しっかりダイエットできちゃうやせ麺。ソースも好みで色々と変化させられるので、パパのダイエットにも使えちゃうかもしれません。

インスタグラムでも #やせ麺 で検索してみてくださいね!