■年内に国政新党の動き?

 大勝利した都民ファーストの会の国政進出が取り沙汰されている。

 小池都知事が3日「色々な動きは国政においても出てくると思う。都民ファーストならぬ国民ファーストということをベースに考えていく必要がある」と述べたほか、同党の音喜多駿都議も「国政でも新しい政治をして欲しいとそういう期待が高まったのではないかと」とコメントしている。さらに日本維新の会を除名された渡辺参院議員は6月23日、「都議選の結果、起こり得るのが民進党の流動化だろう。これも一つの政界再編につながるのではないか」と述べた。

 自民党を離党した若狭衆院議員と民進党を離党した長島衆院議員は都議選の期間中、小池氏と並んで演説を行った。その際、長島氏は「私が左の崖から飛び降りて、右の崖から若狭さんが飛び降りて、真ん中で小池さんに出会った。気の早い人は国政新党か、こんな早合点をされる方が多いと思う」と話していた。しかし、小池氏を中心にした勢力が国政に打って出るのではないか、との見方は根強い。

 国会での政党要件を満たすには、所属議員が5人以上必要だ。小池氏を応援する3人を軸に、民進党と距離を置き始めた柿沢衆院議員や現在無所属の松沢参院議員などが合流するとの見立てもある。

 "小池新党"の国政進出には2つのシナリオが取り沙汰されている。

 一つ目は自民党との連携、つまり大阪維新の会が日本維新の会を立ち上げたのと同じような経過を辿るというシナリオだ。一見リベラルに見える都民ファーストは、都議選で安倍一強政治への批判の受け皿になった。しかし小池氏は「日本会議国会議員懇談会」の元副会長で、思想的には安倍総理と極めて近く、憲法改正などで協力する可能性もある。新たに幹事長に就任した野田数氏にも、過去に右派的な言動があったことが報じられている。

 二つ目は野党再編の軸になるというシナリオだ。国政では民進党からの離党ドミノが発生したが、小池新党がその受け皿となり、野党が再編していくというものだ。小池氏勢力のキーパーソン・若狭衆院議員は9日のフジテレビ番組で「少なくとも年内に国政新党への動きが出てくることは流れとしてありうる」と示唆している。

■首相などになれる目が出てくれば出てくる?

 先日の都議選で103票という僅差で再選を果たした自民党の川松真一朗都議は15日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演、「いい加減にして欲しいと思う」と苦言を呈する。

 「都議選というのは、東京都政のあり方、特に2020年のオリンピックをどう成功させるかが重要な争点だった。もうあと3年しかない。去年の都知事選挙から実質的に都政は止まっていて、政局に使われたことを悔しく思っている。2019年にはラグビーワールドカップの日本大会もあるが、ここに向けての準備がほとんどできていない。国政の話じゃなくて、知事には都政に専念して欲しい。築地市場移転問題もまだ解決していない。国政政党がどうだとかいう話の前に、都政を正常化することに専念して頂きたい」(川松都議)

 東国原英夫・元宮崎県知事は「東京は全国の縮図なので、今回の都議選をみて、受け皿があれば反自民はそこに流れるということが分かった。若狭さんたちはやる気満々。100%年内に国政政党を作る…いや、99.99%にしておく(笑)」と話す。

 一方、「小池さんは国政には直接手をつけず、やるのは若狭さんを中心としたメンバーだと思う。小池さんは都政からあと3年は離れられないだろう。オリンピックが終わるまで。ただ、顧問などということでリンクはすると思う。その後に首相などになれる目が出てくれば、出てくるだろう」との見方も示した。

 "小池新党"が国政に進出した暁には、自民党の連携はどうなるのだろうか。

 東国原氏は「野党に憲法改正派を作りたい安倍さんは小池新党に20でも30でも議席を取って欲しいと思っているはず。だから自民党が少々議席を減らしても、同じ憲法改正派の政党ができればいい。維新、小池新党、自民。与野党一緒に憲法改正に向かっていきましょうという構図ができればいいのではないか」と分析した。

 止まらない安倍政権の支持率の下落。時事通信の世論調査では、第二次安倍政権発足以来最大の下げ幅-15ポイントで支持が29.9%と初めて3割を切った。読売新聞、NHKの世論調査でも支持率が13ポイント下落し、30%台半ばまで落ち込んでいる。不支持率は5割前後に激増している。

 自民党の小泉衆院議員は都議選中の演説で「自民一強と言われるような今が当たり前だなんて決して思わない。いつまでも野党が自民党に取って代われるような所がない何て思っちゃいけない」と危機感を露わにしていた。

 番組のアンケート調査では、来年の衆院選に"小池新党"は国政に進出すべきが15%、進出すべきではないが85%となっていた。小池都知事の判断はいかに…。(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)


▶次回『みのんたのよるバズ!』は22日(土)20時〜生放送!