「理想の睡眠サイクルは90分周期」という説が広く知られています。しかし、最新の眠りの科学では必ずしもそうとは言えず、同じ人でも1日の活動量や季節によって異なります。ここでは、体動などから眠りの状態を検知するガジェットを紹介。パーソナルなアドバイスがもらえる機能も充実しています。

 

【その1】

ユーザーの心拍数と30億件の睡眠データから睡眠状態を分析

フィットビット
Fitbit Alta HR
実売価格2万1380円

手首で計測する心拍計「PurePulse」内蔵のリストバンド型活動量計。30億件の睡眠データをもとに、睡眠状態を4段階で計測して分析。眠りの質を高める方法もアドバイスしてくれます。

 

計測したデータは、専用のアプリでチェック。睡眠の深さは目覚めた状態・レム睡眠・浅い睡眠・深い睡眠の4段階で表され、中途覚醒の回数もひと目でわかります。

 

基本モデルは全4色。このほかに3色展開の交換用レザーバンドなどもあり、豊富なカラーバリエーションが揃っています。

 

【その2】

手のひらサイズの据え置き型睡眠測定器

オムロン
HSL-003T
ねむり時間計
実売価格3530円

枕元に置くだけで、睡眠時間や起床までにかかった時間などのデータを測定・記録できるアイテム。起床時間前の最も起きやすいタイミングに鳴るアラーム機能を使えば、スッキリと目覚められます。

専用アプリには就寝前に心身のリラックスを促す「呼吸トレーニング」メニューも搭載。

 

【その3】

握って気分をリフレッシュ!たまご型の最新癒やしグッズ

ホーマーイオン研究所
ストレスリムーバー パルスエッグ
5122円

握るだけで気分をコントロールできるたまご型のリラクゼーショングッズ。第2の脳といわれる手の平を微弱電流で刺激することで、緊張やストレスを和らげ、気分を落ち着かせてくれます。

使い方は軽く手の平で握るだけ。リラックスモード以外に気持ちを活性化するアクティブモードもあります。

 

【その4】

ゆったりと動く癒やの光が 速やかに眠れる呼吸法をガイド

ウェザリー・ジャパン
ナイトウェーブ
6980円

天井や壁に照射した青いライトのリズムがリラックスできる正しい呼吸法をガイド。副交感神経を働かせることによって筋肉の緩和とストレスを取り除き、自然な眠りに導いてくれます。

 

やわらかい青い ライトが寝室を照らす。2種類の呼吸モード以外に、 ルームライトとし ても使用可能。

 

【その5】

頭に装着するデバイスでなりたいココロの状態へ導く

ELF Emmit
ELFエミット(R)
1万5990円

ヘッドバンド型のウェアラブルデバイス。専用アプリでモードを選ぶと、一定の周波数で放出されるパルス(微弱電流)が脳波に働きかけ、なりたいココロの状態へと導いてくれます。

 

専用アプリをダウンロードした後、本体をスマホやタブレットに接続して使用します。

 

アプリでは睡眠・アンチストレス・集中力・瞑想・ディープランニングの5つのモードが選べます。