いやだ!まだ帰らない!どうして?散歩から帰りたくない理由

散歩が終わってからやる事がいっぱいあるのに、これだけ歩いたのにどうして帰りたくないの?飼い主さんはいろいろ考えますよね?なぜ?どうして?
イライラしてしまう、その前に犬の気持ちになってみれば理由が見えてくるかもしれませんよ。

犬が散歩に行きたいのはなぜ?

室内犬の場合は1日中家の中、室外犬で繋がれている場合は1日中動ける範囲は決まっています。
人間の場合は、1日中室内で過ごしてもテレビを観たり、ネットをしたり音楽を聴いたりと自分なりの楽しみ方もあるでしょうし、出かけようとすればいつでも外に出れますよね。
でも犬の場合にはそれは叶いません。

外には楽しい刺激がたくさんあります。良い匂いのする花や木、葉っぱの積もった歩きやすい道、爽やかな風や空気、好きな犬に会えるなど様々な楽しい出来事が待っている。
そして一番の楽しみは飼い主さんとのコミュニケーションです。
アイコンタクトを取りながら大好きな飼い主さんと一緒に散歩するのは、犬にとっては本当に幸せなひと時なんです。

そんなひと時を楽しみにしていない訳はないですよね。だから「散歩」と言う言葉に反応して嬉しそうに走ってきたり、リードをくわえて持って来て「早く行こうよ」とおねだりしてしまうのです。

どうして散歩から帰りたくないの?

幸せなひと時は少しでも長く続いて欲しいと思うのは、人間も犬も同じです。
楽しい気分の真っただ中に帰ろうと言われたり態度で示されると、人間でも「え?いやだな」と思いますよね?

犬にも感情や気持ちがあるので、「今日はもう少し散歩していたいな」「あの場所に行きたいな」と思っているかもしれません。
そんな時に「帰ろう」なんて言葉を聞くと、「いやだ!」となって、家と違う方向を向いたり、リードをグンと引っ張って抵抗したくなるのも分かりますよね?

もう少し飼い主さんと、すてきな時間を共有したいと切ない思いを抱いているのかもしれません。

そんなに大好きな散歩に行きたがらなかったり、早々に帰ろうとする場合は、体の調子が悪かったりする場合がありますので、様子を見て2〜3日続くようであれば、一度獣医師にご相談して下さいね。

帰りたがらない時はどうすればいいの?

散歩は排泄のために行っていたり、一言の会話もなく、ただ歩かせていたりはしませんか?
上記にも記しましたが、犬にも気持ちがあるので、排泄が終わったら散歩も終わり、ただ事務的に歩いているだけと感じれば、楽しくもないしコミュニケーションも取れていないと悲しい気持ちになって満足感を感じる訳はありませんよね?

排泄のためではなく楽しむための散歩

まずは散歩=排泄のためと言う方式を、犬の頭の中から消してあげましょう。
散歩に行く前に排泄を済ませたり、排泄が終わった直後に帰るのではなく、もう少し一緒に歩いてから「帰ろうか」と話しかければ、散歩は排泄のためではないんだと理解してくれて楽しいものに変わって満足感も出てくるはずです。

事務的ではなくコミュニケーションを楽しむための散歩

散歩は運動や肥満防止・健康維持のために欠かせないものだとは分かっていますが、ただただ黙々と一緒に歩いてもらっても犬は楽しく感じません。

犬の立場になって考えてみて下さい。
家族や友達と一緒に歩く時に、ただ黙って歩いて楽しいですか?楽しくはないですよね?
犬も同じと言うよりも、人間以上に飼い主さんの言葉や動作を待っています。

何気ない一言でいいので、「風が気持ちいいね」「お花が咲いてるよ」など、なんでもいいので話しかけてコミュニケーションを取ってあげて下さい。
その言葉で犬は嬉しい気持ちになって楽しい散歩で満足感を感じてくれるはずです。

食いしん坊な子には

犬の体の事を考えても、ご飯は散歩を終えてから与えた方が良いので、「散歩が終わればご飯が待ってる」「おやつが待ってる」など、家に帰っても楽しみが待ってると思わせてあげて下さい。そうすると自然と帰宅の足取りも軽やかになると思います。

まとめ

私は愛犬に「いやだ!」と抵抗された経験はないのですが、毎日話しかけ散歩中は特に「お花いい匂いだね」「ワンコが来たよ!可愛いね〜」と四六時中話しかけていました。
その都度、目を合わせてまるで言葉を理解しているように嬉しそうに微笑んでいました。

愛犬と過ごせる時間は非常に短く、そしてかけがえのないものです。
今はもう側に居ない愛犬と、思い切り散歩に行きたいと、亡くしてからない物ねだりをしてしまいます。
今の愛犬との大切なひと時の散歩を思い切り楽しんでくださいね!