「当時はいえなかったけれど、いまならいえること」

気恥ずかしさやプライドが邪魔をして、学生のころには伝えられなかった『気持ち』

年齢を重ねるにつれ、「いまならいえるのにな」と思うことはありませんか。

遠い夏の日、隠した『本音』

漫画家のしまざき(@shimazakikazumi)さんが描く『三年差』夫婦シリーズ。

3歳離れた年の差夫婦の日常や、若かりし日の様子を描いたシリーズで、甘酸っぱいやり取りが人気を集めています。

幼馴染である2人には、お互いに「学生のころはいえなかった本音」があったようです。

「これは反則でしょ」と、読んだ人を次々に赤面させた作品がこちら。

夏の日

「私の乙女心なんて、知る由もなかったんだなーって」

当時は大好きなお兄ちゃんへの『恋心』を隠し、「遠くに行かないで」という本音を飲み込んだ妻。

そんな妻に、夫が読む者を動揺させる『本音』をもらします!!

「いまだからいうけどさ…」

「ちょっと大人っぽくなっててドキドキした」

赤面…!!

読んでいるこっちまでドキドキしてしまう内容に、多くの反響が寄せられました。

お熱いね。もうたまらないですわ。確かにその当時はいえない本音だよなぁ…。息子のツッコミに笑ってしまいました。最高です!

シリーズを深く愛するファンからは「早くアニメ化してほしい」との声まで!

公開されるたびに胸キュンを巻き起こす『三年差』シリーズ。まだまだ新たなファンが増えそうですね!

『三年差』シリーズの、これまでのお話はこちらです。

夫が子ども用のトランシーバーを買ってきた! 感度が悪いと思ってつぶやいた言葉が?「こんな恋愛したかったよ!」 『年の差』描いた漫画、ラストのひと言に悶絶水族館で、息子が迷子に! トラブルから見えた『夫婦の愛』って?

[文・構成/grape編集部]