テニス、ウィンブルドン選手権の男子シングルスで通算8回目の優勝を果たしたロジャー・フェデラー(2017年7月16日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は16日、男子シングルス決勝が行われ、ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)がマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)を下し、自身8度目の優勝を飾った。そこでAFPは、フェデラーが栄冠に輝いた過去8度の決勝をまとめた。

■2003年:マーク・フィリプーシス(Mark Philippoussis、7-6、6-2、7-6)

 これまで四大大会(グランドスラム)では準々決勝突破の経験がなかったフェデラーだが、オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(All England Lawn Tennis and Croquet Club、AELTC)で自身初のグランドスラム優勝を果たした。

 同年に交通事故で亡くなったかつての恩師ピーター・カーター(Peter Carter)さんに四大大会初タイトルをささげた21歳のフェデラーは「グランドスラムで良い結果を収めるというプレッシャーが凄かったので、非常にほっとしている。とくに自分からのね」と語った。

「ピーターは私のキャリアにおいて最も重要な人物の一人だった。彼がもしここにいたら、派手なパーティーを開いていただろうね。彼がどこからか見届けてくれていたことを願うよ」

■2004年:アンディ・ロディック(Andy Roddick、4-6、7-5、7-6、6-4)

 ロディックの勢いを奪った2度の雨天中断も生かし、フェデラーは見事にウィンブルドン連覇を達成。敗れたロディックは「きょうはロジャーがとにかく良すぎた。全力で戦ったが、跳ね返されてしまった」と話した。

■2005年:アンディ・ロディック(6-2、7-6、6-4)

 フェデラーはウィンブルドンで3連覇を成し遂げた選手として、ピート・サンプラス(Pete Sampras)氏とビョルン・ボルグ(Bjorn Borg)氏に肩を並べた。

「アンディにとっては残念だが、自分は本当にベストを尽くした。3度目の優勝は非常に特別だ」

■2006年:ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、6-0、7-6、6-7、6-3)

 グランドスラム通算8勝目となる勝利で、フェデラーはグラスコートにおける連勝記録を48に更新。さらに、ライバルであるナダル戦での連敗を5でストップした。

「4回も勝ったなんて信じられない。また帰ってきて、5度目の優勝に挑戦したい」

■2007年:ラファエル・ナダル(7-6、4-6、7-6、2-6、6-2)

 3時間45分に及ぶ激闘をものにし、グラスコートでの連勝を54に伸ばしたフェデラーは、ウィンブルドンで5連覇を達成。ボルグ氏の偉業に肩を並べた。

「どれも特別だが、ラファのようなチャンピオンとの対戦には大きな意味がある」

■2009年:アンディ・ロディック(5-7、7-6、7-6、3-6、16-14)

 ウィンブルドン史上最高の試合とも評された2008年大会決勝でナダルの前に苦杯をなめてから1年、フェデラーは再び4時間16分の死闘を制し、グランドスラム通算15回目の優勝を飾った。

 ウィンブルドン6度目のタイトルは、ピート・サンプラス(Pete Sampras)氏とウィリアム・レンショー(William Renshaw)氏に次いで史上3人目の快挙となった。

 フェデラーがサンプラスのグランドスラム優勝回数を抜いたことについて、ロディックは試合後「ピート、申し訳ない。彼を阻止しようと頑張ったんだけどね」と話している。

■2012年:アンディ・マレー(Andy Murray、4-6、7-5、6-3、6-4)

 この勝利でフェデラーは、ウィンブルドン通算7個目、グランドスラム通算17個目のトロフィーを獲得。一方、英国人男子選手として1936年のフレッド・ペリー(Fred Perry)氏以来となる四大大会優勝を目指したマレーは、試合後に涙を流した。

 世界ランキング1位の座も同時に奪還したフェデラーは「今、テニス人生で最高のテニスができていると思う」と語った。

■2017年:マリン・チリッチ(Marin Cilic、6-3、6-1、6-4)

 けがに見舞われたチリッチをストレートで下したフェデラーは、ウィンブルドン史上最多となる8度目の優勝を飾るとともに、グランドスラムでの優勝回数を19に伸ばした。

 35歳のフェデラーは、ウィンブルドン男子シングルスの最年長王者に輝いただけでなく、1セットも落とさずに同大会を制した選手として、1976年のボルグ氏以来となる快挙を成し遂げた。

「このような高みに到達できたというのは信じられない。去年の後は、またこの場所で決勝の舞台に立てるか確信がなかった」とコメントしている。
【翻訳編集】AFPBB News