2017年3月末をもってNHK・Eテレの子ども番組『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんを卒業した“だいすけお兄さん”こと横山だいすけが7月16日、音楽グループ・いきものがかりとの“不思議な縁”について紹介し、双方のファンの間で話題となっている。

 これは同日、横山が自身の公式ブログに投稿した 『笑顔でいこう♪』 という記事のことで、この中で彼は、「最近立て続けにバラエティ番組に呼んでいただきましたが、その裏話はちょいちょい挟んでいきますね笑 今日は警視庁いきもの係!!」と、自身が出演中のドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系列)について語りはじめると、「先日いきものがかりの水野さんと話していた時にドラマの話しになって、いきものがかり繋がりですねと2人で爆笑しました(σ≧∀≦)σ」と、人気音楽グループ・いきものがかりの水野良樹との“いきものがかりつながり”が生んだエピソードについて語りつつ、「いきもの係に出て、いきものがかりの水野さんの歌を歌い、おかあさんといっしょの今月の歌もいきものがかりの水野さん…ここまで繋がってると不思議すぎて笑えます」と、その不思議な縁について紹介することとなった。

 うたのお兄さん卒業後、その活動の幅を広げ、現在多忙なスケジュールを送る横山だが、「みんなー暑さに負けず、悩みに負けず、辛さに負けず…もし、踏ん張れなくなったそんな時は、とりあえず笑っちゃおうーー☆笑えなくなったら、ここにおいで♪スマイルはいくらでもあげます♪」と、ファンに人気の変顔ショットを披露。心遣いを見せるひとコマも見せた。


※画像は全て横山だいすけ公式ブログよりスクリーンショット