レアンドロ・エルリッヒやホンマタカシが「窓」をテーマに新作発表

写真拡大

 YKK APが、窓学10周年記念としたエキシビション「窓学展―窓から見える世界―」をスパイラルで開催する。会期は9月28日から10月9日まで。
 窓学は、YKK APが「窓は文明であり、 文化である」の思想のもと、窓を学問として多角的に探究する研究活動。2007年にスタートして以来、建築や文化、アートなどさまざまな切り口でアプローチしてきた。
 今回の展覧会では過去10年間の研究成果を紹介し、窓が持つ魅力に焦点を当てる。アカデミックな分野からは 東京大学をはじめとする大学および研究機関より計7人の研究者が参加。アートの分野では、金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」で広く知られるレアンドロ・エルリッヒ、写真家のホンマタカシ、アーティストの鎌田友介の3人が「窓」をテーマにした作品を発表するほか、イタリアを代表するデザイナー ミケーレ・デ・ルッキが特別展示を行う。展示ディレクターは「窓学」開始当初から総合監修を務める東北大学教授で建築批評家の五十嵐太郎、会場構成は建築家の西澤徹夫、展示グラフィックは岡本健が手掛け、10年間の窓学の多彩な研究蓄積を凝縮した展示を目指すという。会期中の10月3日にはシンポジウムを開催し、世界的な建築写真家であるイワン・バーンをはじめ、歴史家で建築家の藤森照信、スイスから来日する建築家のヴィットリオ・マニャーゴ・ランプニャーニといったユニークなゲストを迎え、窓の研究発表および講演が行われる。
 また、サロンやライブラリー、スタジオなどで構成される「窓研究所アネックス」が10月1日にオープン。「ビズビム(visvim)」のショップ設計などを手がける建築家の日埜直彦が内装を手掛け、窓文化の浸透させるための幅広い活動に取り組む窓研究所の新拠点となるという。