米俳優のマーティン・ランドーさん。米カリフォルニア州アナハイムで(2007年5月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米テレビドラマシリーズ「スパイ大作戦(Mission: Impossible)」や映画「エド・ウッド(Ed Wood)」などへの出演で知られる米俳優マーティン・ランドー(Martin Landau)さんが15日、入院していた米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)の病院で合併症により死去した。89歳。ランドーさんの広報担当者が16日、発表した。

 米ニューヨーク(New York)市ブルックリン(Brooklyn)出身。1950年代にブロードウェー(Broadway)で舞台デビューし、1959年にはアルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)監督の「北北西に進路を取れ(North By Northwest)」で本格的な映画デビューを果たした。

 出世作となった「スパイ大作戦」では変装の名人、ローラン・ハンド(Rollin Hand)を演じて一躍時の人となった。1994年には、ティム・バートン(Tim Burton)監督の「エド・ウッド」での演技でアカデミー賞(Academy Awards)助演男優賞を受賞している。
【翻訳編集】AFPBB News