アイザック・ヘンプステッド・ライト(中央)、吹き替え担当の福山潤(左)、安田美沙子

写真拡大

 世界的人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」の日米同時放送開始に合わせて7月17日、ジャパンプレミアが都内で開催。ブラン役のアイザック・ヘンプステッド・ライト、吹き替え担当の福山潤、そして5月の出産後から、初の公の場となる安田美沙子が出席した。

 ある王国を舞台に、名家たちの覇権争いを描く人気シリーズ。ライトは七章の鍵を握ると言われる、下半身不随ながらも不思議な能力を持つブランを演じている。

 シリーズ開始当初は11歳だったライトだが、現在は18歳。役柄同様にあどけない少年から長身の青年へと成長しており、会場に姿を見せると、早朝から劇場に足を運んだファンから拍手と歓声が上がった。「7年間、ティーンの時期をそのままこの作品と一緒に成長してきました。身長が伸びたのが一番の変化で、いろんな人にも言われるけど、この作品を通していろいろと学び、いい友達もできました」と笑顔で語った。

 5月の出産後、初の公の場への登場となった安田は本作をイメージした衣装で登場。出産後、英語の勉強もかねて本シリーズを見始めたそう。赤ちゃんへの夜中の授乳のタイミングとも合うらしく「主人と毎晩、夜中の3時まで見ています」と明かす。ライト演じるブランについて「(第一章では)最初は、女の子かと思ったんです」と語り、成長した本人との対面に「背が高くてびっくりしました!」と感激。安田はライトに日本の夏を感じられる、特製の氷と炎をイメージしたかき氷をプレゼントした。おいしそうにかき氷をほおばるライトに安田は「七章の秘密をちょっとだけ教えてもらえますか?」とおねだりするも、ライトは「ネタバレ禁止(笑)」と日本語で返し、笑いを誘っていた。

 ブランの声を第六章から担当している声優の福山もライトとの対面に感激しきり。スクリーンに福山のアフレコの模様や実際のシーンが映し出されると、ライトは「自分も日本語を上手に話せるような気がしてきました(笑)。すごくシュールな気持ちです。(日本語吹き替えに)ハマりました」と喜びを口にしていた。

 「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」はスターチャンネルで放送。