SEVENTEEN、ワールドツアースタート!ソウル公演が盛況の内に終了…コンセプトは“水と火”

写真拡大

韓国国内外でホットなアイドルに浮上したSEVENTEENが、初のワールドツアーコンサート「SEVENTEEN 1st WORLD TOUR 『DIAMOND EDGE』」のソウル単独コンサートを盛況の内に終えた。

14日〜16日、計3日間に渡って行われたSEVENTEEN初のワールドツアー「SEVENTEEN 1st WORLD TOUR『DIAMOND EDGE』」のソウル公演で、SEVENTEENは3万人のファンに向けホットで爽やかなステージを披露し、ワールドツアーに向け好調なスタートを切った。

SEVENTEENはソウルコンサートでこれまで見せてくれた爽やかな姿はもちろん、セクシーで成熟した姿まで、多様な姿を見せた。まず爽やかな姿を見せ、「Pretty U」のステージでライブをスタート。メンバーごとにユーモア溢れたあいさつとコンサートの合言葉を作り、ファンと共感し約3時間の間、13人の多彩な魅力でステージを満たした。

今回の公演は「水」と「火」をコンセプトにし、それに見合う正反対の魅力で目をひくパフォーマンスを披露し、ファンを熱狂させた。公演の序盤には「水」をコンセプトにして水を利用したパフォーマンスとイベントを披露し、暑さを吹き飛ばす爽やかなステージを飾り、公演の後半には「火」をコンセプトにしたホットなステージを披露し、雰囲気を盛り上げた。

特に、今回のコンサートで注目すべき点は3日ごとに毎回異なるイメージのSEVENTEENに出会えるという点だ。SEVENTEENはコンサートが行われる3日間、パフォーマンス、ヒップホップ、ボーカルなどそれぞれのユニットデーを指定し、ファンと会い、これまで見たことのないSEVENTEENだけのステージを披露した。

14日、パフォーマンスチームの舞台は、モンスターをコンセプトに爽やかだった少年たちの意外な姿が際立つステージを披露した。パフォーマンスチームは、男らしい姿が際立つセクシーなダンスで視線を釘付けにするパワフルなソロおよびデュエットステージを披露し、現場を盛り上げた。

コンサート2日目である15日のステージは、最高の舞台装置になった雨と一緒に登場した。ヒップホップチームは序盤にジョーカーのパフォーマンスで視線を奪い、雨の中でも勢いあるラップを披露し、現場を盛り上げた。そして最後の日である16日は、魅惑的なヴァンパイアの姿で登場したボーカルチームがファンを魅了した。さらに、ボーカルチームは切なさ、セクシーさ、甘さでそれぞれ異なるイメージの歌をファンにプレゼントした。

全3日間、合わせて3つのユニット、そしてひとつになったSEVENTEENはより一層成長した姿で独特な魅力をアピールし、公演アイドルSEVENTEENの再発見、そしてSEVENTEENならではの素敵なステージを披露した。

ファンとコミュニケーションして共感し、構成から見所や楽しみがいっぱいなステージに続き、普段からファンに特別な愛情を見せることで有名だったSEVENTEENは、直筆の手紙と共に映像の手紙をサプライズ公開し真心を見せた。また、映像が終わった後、SEVENTEENのファンソングである「Healing」「Love Letter」のステージで“ファンバカ”の姿をもう一度見せ、ファンも一緒に歌いながら歓呼し応援した。

デビュー2年で初めて開催するワールドツアーにもかかわらず、SEVENTEENはスタート地点であるソウルコンサートで安定した完璧なステージで彼らだけにできるユニークなステージを披露した。公演アイドル、自主制作アイドル、そして韓国国内外でホットなアイドルになったSEVENTEENが今回の1stワールドツアーコンサートでどれほど成長し、成熟したアーティストとしての姿を見せてくれるか、期待が高まっている。

ワールドツアーコンサート「DIAMOND EDGE」初のコンサートであるソウル単独コンサートを盛況裏に終えたSEVENTEENは、26日から27日まで「DIAMOND EDGE」日本コンサートを通じてファンと会う予定だ。