古巣アトレティコ・マドリーにユニフォームを着てインスタグラムの投稿をしたFWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが自身のインスタグラムで投稿した内容が話題を呼んでいる。

 古巣アトレティコ・マドリーへの移籍が噂されているD・コスタは16日、そのアトレティコのユニフォームを着て友人と一緒にいる姿をライブ配信で投稿した。それに対し代表やクラブでチームメイトであるMFセスク・ファブレガスが反応したところ、D・コスタは「コンテによろしく伝えといて」と返答。移籍を示唆するかのようなコメントを残した。

 D・コスタとチェルシーの指揮官アントニオ・コンテ監督の不和は、今年5月同選手が「監督は僕を頼りにしていない」と語ったことにより加速。一度はD・コスタ側が関係改善に向け歩み寄ろうとしているとの報道もあったが、やはりD・コスタの心は既にチェルシーにはあらずという状態で、それと同時に現在は同選手の古巣への復帰が現実味を帯びてきている状況となっている。

 アトレティコ、D・コスタの両者ともに移籍を希望していることは確実だが、果たしてこのまま問題なく同選手の古巣復帰は実現するのだろうか。

text by 編集部