犬の毛艶が悪い原因

栄養が足りてない

犬の皮膚や被毛はタンパク質や脂質から出来ています。食べている食事のタンパク質や脂質が不足していると毛まで栄養が行き渡らないため毛艶が悪い原因になります。
タンパク質や脂質だったらなんでもいいわけではありません。犬の毛艶を良くするには良質な「動物性」のタンパク質や脂質が必要です。
犬にとって植物性のタンパク質や脂質は、上手く消化吸収することが出来ません。大豆、とうもろこし、コールグルテンなどの植物性のタンパク質や脂質から出来ているドックフードを与えていると毛艶が悪くなってしまいます。

ブラッシング不足

ブラッシングの役割とはどんなものがあるでしょうか。

毛並みを綺麗に整える換毛期などの抜けるべき毛を取り除くブラッシングをすることで皮膚の血行促進ホコリ、花粉、ノミやダニの予防

ブラッシング不足になるとこれらのお手入れが行き届かなくなり、毛艶や毛並みが悪くなってしまいます。
被毛が長い犬ほど毛が絡まりやすい傾向にあります。また換毛期にブラッシングを行わず抜けるべき毛が残ったままだと、皮膚の風通しが悪くなってしまい皮膚病の原因にもなります。

犬の毛艶、毛並みを良くする方法

食事を見直す

毛艶が悪い場合は食事を変えてみましょう。
お店にはたくさんのドックフードが並んでいて値段もピンからキリまであります。ドックフードを選ぶ際は、良質な動物性のタンパク質や脂質が配合されているもの、そして材料は何から出来ているのか、きちんと表記されているものを選びましょう。
また値段が安価過ぎるドックフードはトウモロコシなどの植物性のタンパク質や脂質を使用している場合が多いので注意が必要です。

まめにブラッシングを行う

基本的にブラッシングは毎日行います。
換毛期がある柴犬などの犬種は、季節の変わり目に驚くほどの毛量が抜けます。その時期は朝晩の1日2回ブラッシングを行いましょう。
ブラッシングは犬種に合ったグッズを使いましょう。誤ったものを使用すると皮膚を傷付けてしまう可能性がありますので注意が必要です。
それに加え皮膚の状態に合わせて月1〜2回のシャンプーも行いましょう。

サプリメントを与える

毛艶が良くなるような成分が配合された犬用のサプリメントがあります。
まずは普段の食事を見直し、ブラッシングを行い、それでも改善されない場合はサプリメントに頼るのもひとつの手です。
サプリメントは様々な種類があり、どれを与えたらいいか分からない場合は、動物病院の先生に相談し愛犬に合うサプリメントを紹介してもらいましょう。

犬種別!おすすめブラッシンググッズ

スリッカー

プードルポメラニアンダックスフンドチワワシュナウザーマルチーズ

などのダブルコート(上毛と下毛が二重構造)の犬種に向いています。

コーム

プードルポメラニアンダックスフンドチワワパピヨン柴犬マルチーズシーズーヨークシャテリアシュナウザー

などの毛玉が出来やすい犬種に向いています。

ピンブラシ

シーズーマルチーズヨークシャテリアポメラニアン

などの長毛の犬種に向いています。

ラバーブラシ

フレンチブルドッグウィペットイタリアングレーハウンドブルドッグボストンテリア

などの短毛の犬種に向いています。

ファーミネーターブラシ

柴犬秋田犬コーギーシベリアンハスキー

などの抜け毛が多く、また換毛期がある犬種に向いています。

まとめ

犬も人間同様、食べたもので身体は作られています。毛艶の悪さは身体からのサインです。まずは食事などの基本的なところから見直しを行いましょう。
上記のことをきちんとしているにも関わらず毛艶が悪かったり抜け毛が酷い場合は、病気が隠れている可能性もありますので、動物病院で診察を受けましょう。