連載第59回目は、タイ料理としてメジャーなタイカレーの定番ごはん、グリーンカレー! ちょっぴり辛いけどココナッツミルクのまろやかなコクでくせになっちゃう、夏には欠かせないアジアンカレーですね! ぜひ夏バテ防止にピリッと辛い刺激的なグリーンカレーを作って彼をびっくりさせましょう

『グリーンカレー』

【旬を味わう 美人レシピ】vol. 59

旬食材は、ナス!

ナスの旬は7月〜9月。長ナスや米ナス、京都の賀茂茄子など日本各地で数多くの品種が栽培されています。ハウス栽培で一年中手に入りますが、夏が旬のお野菜なんです!

注目すべき栄養素といえば ”ナスニン”! 紫色である理由にもなっている、アントシアニン系の色素ナスニンが多く含まれています。ナスニンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っており、血栓ができるのを防いだり、コレステロールを下げたり、目の疲労を改善する効果があります。また血の滞りを解消し、全身に血を行き渡らせる効果が高いので美白ケアも期待できます!

ナスニンを始めとしたポリフェノールによる抗酸化作用が期待できる ”ナス”! また体内の余分な熱をとり、夏バテ解消にも役立つといわれている ”ナス”! ぜひ旬のこの時期に積極的に摂り入れたいお野菜ですね

材料はこちら!

【材料(二人分)】

鶏もも肉 :1/2枚ナス :2本茹でタケノコ :25赤ピーマン :1個グリーンカレーペースト :20gココナッツミルク :180〜200mlナンプラー:小さじ1強きび砂糖 :小さじ1強鶏がらスープ :75ml(顆粒の素を湯で溶いたもの)バイマクルー :2枚(こぶみかんの葉)バジル:1/2パック

塩:適量

ジャスミンライス :1合

まず、下準備を始めます。〜その1:鶏もも肉を切りわけます。

鶏もも肉は余分な脂を除きひと口大に切っておく。

使う直前まで冷蔵庫で保存しておきましょう。

まず、下準備を始めます。〜その2:ナスを切ります。

ナスは皮を縦に3か所ほどピーラーでむき、2冑の輪切りにし、水につけておく。

まず、下準備を始めます。〜その3:赤ピーマン、茹でタケノコを切ります。

赤ピーマンは種を除き、斜めに5佗で切っておく。茹でタケノコは千切りにしておく。

では、作ります! まず、ジャスミンライスを炊き始めます。

ジャスミンライスは袋の指示に従って炊き上げます。

ジャスミンライスはさっと水で洗い浸水なしで炊きます。今回は鍋炊きですが、炊飯器でも通常のごはんと同様に炊き上げます。

※鍋炊きの場合、お米と同量の水を加え蓋をします強火で火にかけ、沸騰して吹きこぼれたら弱火にして12分加熱、最後に強火で30秒仕上げ炊きをして、15分蒸らしたら完成です!

グリーンカレーを作ります! 鍋にココナッツミルクを入れ、火にかけます。

鍋にココナッツミルクの2/3量(約120ml)を入れ、火にかけます。

煮立ってきたらグリーンカレーペーストを加えます。

ふつふつと煮立ってきたらグリーンカレーペーストを加え、混ぜ合わせながら煮詰めます。

鶏肉を加えます。

鶏肉を加え中火で炒めます。

鶏がらスープを加え、5分程煮ます。

鶏がらスープを加え、蓋をして中火で5分程煮ます。

ナンプラー、きび砂糖を加えます。

5分煮た後、ナンプラー、きび砂糖を加えます。

ナスを加え、さらに5分程煮ます。

ナスを加え、さらに5分程煮ます。

バイマクルー、赤ピーマンを加えます。

5分煮た後、バイマクルー、赤ピーマンを加え、さっと混ぜます。

仕上げに、ココナッツミルクとバジルを加えます。

最後に残りのココナッツミルクとバジルを加え混ぜ、温まったところで火を消します。

ここで味をみて、塩で味を調えてください。

ジャスミンライスとカレーを盛り付けます。

器にジャスミンライスとカレーを盛り付けます。

おいしさのアレンジポイント

辛さはグリーンカレーペーストの量を増減し、お好みで調整してください!マイルドな味わいがお好みであればココナッツミルクを多めにして調整してください!

今回は鶏肉で作りましたが、豚肉や牛肉、海老でもおいしく作れますよ