学生の窓口編集部

写真拡大 (全4枚)

「こんなところに住みたい」「こんな部屋にあこがれている」そんな理想がありながらも、金額面などで条件が合わず、なかなか物件が見つけられない。そんな方も意外と多いかもしれません。そこで今回は、そんな物件探しのコツについて、幾度もの引っ越しを行ってきた経験からご紹介します。物件の良し悪しを見極める視点なども合わせてお伝えしていきますので、ぜひ物件探しに役立ててください。


■物件探しのコツを知る前に……まず、どんな探し方があるの?

関係性から見えてくる貯金力? お金との相性&関係性診断

まずは物件を探すための方法について、いくつかご紹介していきましょう。


<住みたいエリアの不動産会社を活用する>

もっともオーソドックスな物件の探し方です。地域に根差した不動産の専門家に案内してもらえるので希望する物件を見つけやすい方法。不動産会社のカウンターでスタッフに希望する予算や間取り、住みたいエリアなどを伝えると、条件に合った部屋を紹介してくれます。リストアップした物件を一気に案内してくれるので、じっくり見て吟味できるでしょう。

案内後に物件の資料を受け取り、気になった部屋はチェックしておくようにしましょう。敷金や礼金、手数料、家賃、管理費など、すべての費用をトータルで確認。わからないことがあれば担当者に質問してください。特に質問しておくべき内容として、前の住人の退去理由、空室だった期間、前の住人からトラブルの報告などの有無が挙げられます。


<自分の足で住みたい街を歩いて探す>

住みたい街へ赴き、自分の足で歩いて物件を探すという方法もあります。物件に空きがある場合、「空き室あり」の貼り紙や管理会社の連絡先などが表示されているはず。お気に入りの物件が見つかったら、直接電話で問い合わせてください。周辺の家賃相場などをあらかじめ調べておくと、管理会社との契約交渉に便利です。

管理会社に連絡したら実際に物件の中を見せてもらい、契約条件など詳しい説明を受けます。過去に隣人等とのトラブルがなかったか、また事故物件ではないかなどを確認するようにしてください。


<インターネットで探す>

今やインターネットで全国の物件が探せる時代。遠方の物件をインターネットだけで調べて、契約まで完了させるというケースが増えています。ただしインターネットで契約する場合は、実際に現場で確認することができません。そのため、いくつか注意すべき点を頭に入れておきましょう。

まず鉄筋コンクリート造なのか鉄骨造なのか、物件の構造をチェックしてください。鉄骨の場合、隣室などの騒音が気になる場合があります。また、インターネットのマップサービスを活用すれば、物件周囲の街並みがわかります。そうした情報から立地条件を確認し、生活をイメージしてみましょう。尚、契約の際には必ず担当者と電話で話し、物件に問題がないことを確認してください。

これから住もうとする場所が近くなのか遠くなのか。また、物件を探すのにどれだけ時間を費やせるかといった状況によって、適する物件探しの方法は異なります。納得のいく物件を見つけられるよう、場合によっては複数の方法を組み合わせて探してみるのもいいかもしれません。

■物件探しのコツ1 「快適な住居の条件」をチェックしよう


快適な住居の条件は限られています。逆に最低限その条件が揃っていれば、おおむね快適に暮らせると言えるでしょう。しかし、逆に条件が一つでも欠けていたら、快適な住環境にはならないかもしれません。ここで、物件探しの際に注意したい快適な住居の条件をまとめておきます。


<周辺の住環境のチェック>

マンションなど高層住宅の多くは、高速道路沿いなどの第一種低層住居専用地域外に建てられています。これは建築基準法などの関係で、高層階のマンションは低層階の住宅地に建築できないことが主な要因です。マンション物件の中には、高速道路や工場などに隣接した住環境の悪いものが少なくありません。

物件の周りにどのような施設があるのか。また、高速道路などが走っていないか、騒音を出す工場などが近くに無いかは、現地あるいはインターネット等でしっかり確認するようにしましょう。ただしインターネットのマップサービスでは、マップ上に高速道路が表示されているものの、実際は地下を走っているということがあります。そのため、できるだけ実際に現地で確かめることが大切です。


<壁の厚さ防音性などのチェック>

木造や鉄骨造の場合、構造上どうしても騒音のトラブルが起こりがちです。ただし、鉄筋コンクリート造(RC造)だからといって安心してはいけません。鉄筋コンクリート造(RC造)の場合でも、壁だけ木造で仕切ったケースがあるのです。不動産屋さんと部屋を見に行った際には、壁を叩いて厚みを確かめたり、壁に耳を当てたりして、音の聞こえ具合などを確認するようにしてください。

鉄筋コンクリート造(RC造)は外気温の遮断率が高いので、夏場は涼しくて冬場は暖かく過ごせるというメリットがあります。木造などと比べても隙間風が少なく、とても快適です。


<水回りの充実度をチェック>

静かに暮らせる居室と清潔に暮らせる水回り設備が整っていれば、ほぼ快適な住環境と言えます。そんな水回りで注意したいのが、換気システムの有無です。湿気が多い日本では梅雨時にカビなどが発生しやすいため、換気扇などの設備は重要になります。シャワー室に24時間換気設備があるか、キッチンに換気扇が設置されているか、この2点は最低限チェックしておきましょう。

また、下水口がU字排水になっているかどうかも確認しておきたいポイント。新しい物件ではほぼ装備されていますが、古いアパートなどでU字排水が備わっていないことがあります。U字排水が備わってないと下の階からゴキブリが侵入してきたり、汚物匂がしてきたりと、さまざまな不衛生な問題が発生するので物件探しの際には要チェックです。


<冷暖房設備をチェック>

光熱費の大部分を占めている冷暖房設備。古い冷暖房設備と最新式のタイプとでは、光熱費に雲泥の差があります。部屋の冷暖房設備やベランダなどの室外機を確認して、古いタイプだった場合は新しいタイプのものと交換してもらえるか確認しましょう。冷暖房設備の交換を条件にして契約を進めるようにしてください。

<セキュリティ対策は大丈夫?>



新しいタイプのマンションならセキュリティ対策が充実しているはずです。しかし、中にはずさんなセキュリティ対策の物件もあるので注意してください。


〇ドアロックの鍵はディンプルキーかどうか?

従来のギザギザした形状の鍵ではなく、丸いくぼみを持ち、ピッキングに強いとされる「ディンプルキー」が最近増えてきています。ディンプルキーでなければいけないということではありません。しかしディンプルキーであれば、よりセキュリティ性が高くなります。


〇壁などを伝って侵入できない構造か

低層階の部屋の場合、塀などを伝って侵入できないかどうかチェックしておく必要があります。特に人目に付きにくい場所には注意しましょう。隣室からベランダを伝って侵入する犯罪被害なども増加しているので、その辺りのチェックも怠らないようにしてください。


〇オートロックを備えている?

オートロックを備えたマンションの場合は、セールスマンなどの勧誘や不審者の侵入が防止でき、防犯カメラなども作動しているので比較的安心です。ただし、オートロックだからといって完全に安心していいというわけではありません。侵入しようと思えば、意外と簡単に入れてしまう構造だということを忘れないでください。


<マンションの集合ポスト周りをチェック>

マンションの集合ポスト周辺が散らかっている、または汚い物件は、そこに住む住人のマナーの悪さが現れている証拠。マナーの悪い人が多く居住する物件では、真夜中に騒音がうるさいなど、さまざまなトラブルが起こりがちです。また、玄関周りや廊下などのパブリックスペースの掃除がキチンできていない物件は、管理会社がずさんな場合が多いので注意しましょう。

■物件探しのコツ2 譲れる物件の条件と譲れない条件、優先順位を決めよう



これだけは譲れる、譲れない条件をあらかじめ確認しておきましょう。例えばバスとトイレは別になっている方が良いけれども、他の条件がそろっていればバス・トイレ別の条件は妥協しても良い。または、駅近という条件を最優先させているので多少の騒音は妥協しよう。そういった具合に条件に優先順位を決めておくと、物件を探す際に便利です。


■物件探しのコツ3 インターネットのマップサービスを活用しよう!

インターネットのマップサービスは、とても優れたツールです。平面だけでなく、中には立体にして周辺の地形を見たり、実際の街の様子を画像で確認できたりするものも。まるで実際にそこに立っているかのようなイメージで、周辺環境を確認できます。

また、正確な距離が測れるツールも備わっているので、物件から駅まで、あるいは学校などの目的地までの距離がわかります。特に頻繁に利用する施設などは、あらかじめチェックしてみるといいでしょう。例えば買い物して帰るのにも、重い荷物を持っての移動は近いに越したことはありません。その他、例えば公園や運動施設、コンビニエンスストアなど。ライフスタイルに合った環境か確認するために、マップサービスをぜひ活用してみてください。


■物件探しのコツまとめ

物件探しのコツ、いい物件を見極めるポイントなどについて解説してきました。快適な新居を探すために、是非とも参考にしてみてください。たとえ同じ最寄り駅でも、物件次第で生活の快適度は大きく異なります。ただしいい物件は、それだけ人気も高くなるもの。本当に納得のいく物件が見つかったら、悩み過ぎず決断することもお忘れなく。また、物件が見つかったら引っ越しなどさまざまな手続き・作業がありますので、時期は余裕を持って動くようにしてください。

執筆:山下正之助(ナレッジ・リンクス)