【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、張朝日(チャン・ジョイル)北朝鮮国立交響楽団団長が死去したと報じた。
 同通信は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が金日成(キム・イルソン)賞を受賞した人民芸術家である張氏の死去に哀悼の意を表し、故人の霊前に弔花を送ったと伝えた。
 張氏は平壌音楽舞踊大学を卒業後、1994年に映画および放送音楽団の作曲家として音楽活動を始め、銀河水管弦楽団の団長を経て国立交響楽団の団長を務めた。
 張氏は2012年3月にフランスで開かれた銀河水管弦楽団とフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団の合同公演に、銀河水管弦楽団の団長として参加した。
ynhrm@yna.co.kr