集団体験型VR施設「VirtuaLink」が7月24日(火)ダイバーシティにオープン!のキャッチ画像

写真拡大

2017年7月24日(月)に東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」に、注目の新感覚エンターテインメント「コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ」がオープンします。360度3D映像のバーチャル空間を複数人で共有できる集団体験型VR施設で、新しいバーチャル空間を体感しましょう!

集団体験型VR施設「VirtuaLink」とは

「コニカミノルタ VirtuaLink(バーチャリンク)」は、360度3D映像のバーチャル空間を、複数人で共有できる集団体験型VR施設です。採用されているVR機器は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント社による「プレイステーション ヴィーアール」(PS VR)。PS VRのVRヘッドセットを装着することによって、まるで360度映像の中に入ったかのような感覚と、ライブ感溢れるナビゲーターの生解説が楽しめるシステムです。

この施設は、2017年6月26日オープンの「コニカミノルタ VirtuaLink in 東京スカイツリータウン(R)」(東京・押上)に続く、「VirtuaLink」の2施設目となります。

●上映コンテンツ「ワンダーポッド」

今回体験できる上映コンテンツは「ワンダーポッド」。バーチャルの宇宙空間で、参加者全員が協力しながら地球や星空を作りあげていきます。

●同時に36人が体験できるエリアがふたつ

「コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ」には、36人が同時にVRを体験できる空間が2エリア設けられています。たまご型チェアが並ぶ様子は、非日常感があってわくわくしますね。

●「VirtuaLink」を安全に楽しむために

「VirtuaLink」を安全に楽しむため、利用制限及び注意事項が設けられていますので、注意してください。

●利用制限:以下の方は利用ができません。

・12才未満の方
・妊娠中の方
・心臓の弱い方、重い病気にかかっている方、ペースメーカーなどの医療機器を装着している方
・乗り物に酔いやすい方
・飲酒された方(二日酔い時など血中アルコールが高い時も含む)
・体調がすぐれない方
・その他ご利用に関して、スタッフが不適切と判断した方

●注意事項

・乱視など両目に視覚障がいがある方、過去に光の刺激、乗り物の動きなどで発作、気絶、けいれんや、それらに類する症状を経験されている方は利用前に医師の診断が必要となります。
・メガネをかけたままでもVRゴーグルを装着することは可能ですが、メガネの形状や大きさによっては装着出来ない場合があります。コンタクトレンズでの利用をお勧めします。
・メガネの破損に関しては施設は責任を負いませんので、装着には十分に注意ください。
・遠近両用メガネ(コンタクトレンズ含む)では、快適に視聴できない場合があります。

●施設詳細

名称:コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ
所在地:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ2F
営業開始日:2017年7月24日(月)
営業時間:10時〜21時
料金:1500名/人(税込)
公式サイト:https://planetarium.konicaminolta.jp/VirtuaLink/DiverCityTokyoPlaza/