『色気は分娩台に置いてきました。』 爆笑必至の「ママの日常」に共感続出!

写真拡大

「ママ友とのランチ」や「おしゃれなママファッション」……。育児雑誌やSNSで目にするのはおしゃれで可愛いママたちばかり。

【赤ちゃん】思わず笑える“あるある”満載! 子育てコミックエッセイ『すくすくそらまめ』に見る「悩み解決のヒント」

子どもが生まれたらこんな暮らしがしたいと夢見ていても、現実はなかなかそうはいかないもの。ファッションも授乳のしやすさや、ラクさ重視になりがちですよね。

そんなリアルなママの日常を自虐的なイラストでインスタグラムに投稿しているのが、ヤマダモモコさん(@yamadachiko)。フォロワーは9万人以上で、ママやパパから多くの共感を得ています。

そんなヤマダさんの話題の著書『色気は分娩台に置いてきました。』の中から、ちょっぴり切ない「ママの日常」をご紹介します。

お風呂上がりが忙しい!

子どもが生まれる前は、お風呂上がりはスキンケアをしたり、髪を乾かしたり、マッサージをしたりとゆったりとした時間だった人も多いはず。

しかし、子どもが生まれるとそうはいきません!

自分のことは二の次。まずは赤ちゃんの体を拭き、服を着せ、髪を乾かし、たっぷり保湿。その間ママは下着姿のまま(裸の場合も……)。これからの季節、このドタバタの間にせっかく綺麗に汗を流した体は汗だくになり、もう一度お風呂に入りたくなりますよね(もちろんそんな時間はありません)。

落ち着いて食事は無理!

ママは、なかなかゆっくり食事はできないもの。赤ちゃんが落ち着いているすきにパパッと食べることも多く、知らないうちに早食いになっていたという人も多いでしょう。

ちょっと子どもが大きくなってくると、ゆっくり座って食べていると子どもがまとわりついてきてご飯を食べることもままならず、キッチンで立ったまま食事を取っている、なんてママもいるのではないでしょうか?

また、赤ちゃんを膝に乗せて食べることもありますし、バウンサーを足でゆらしながら立って食べることも!? 「品良く食事」はまだまだ遠い未来になりそうです。

Eテレの時間は母のゴールデンタイム

子どもが大好きなEテレですが、ママにとっても強い味方。朝のバタバタな時や、夕方の家事にEテレは欠かせませんよね。高校野球などで番組が中止の時、思わず真顔になってしまうのも共感できます。

子どもがEテレを見ている間に片付けようと思っていた家事が全く進まず、いつもの倍の時間がかかってしまう、なんてことも……。

そんなとき、ヤマダさんは「#仕方なくセルフEテレ」だそう。他の投稿には「ブンバボーン」を踊る姿も!

寝かしつけ後は、アメーバのように布団から脱出

子どもを寝かしつけた後は、ママもパパも神経を使います。なるべく布団を動かさないようにこんなふうに脱出しても、その後うっかりくしゃみをしたりして起こしてしまうこともありますよね。

寝入ったタイミングでパパが帰ってきて、その音で子どもが起きてしまい「もう!こんなに早く帰って来ないでよ!」なんて思ったことのあるママもいるのではないでしょうか?

ヤマダさんのコメントにもあるように、「こんなときに限って宅配便が来る」「こんなときに限って洗濯終了音が鳴り響く」というのもあるあるです。

何もしていないのに1日が終わる

仕事をしていた頃は、「1日家にいたら、あれもしたい、これもしたい」と思っていませんでしたか?しかし、子育てをしていると1日何もしていないのにあっという間に過ぎていきますよね。

ヤマダさんのコメントに「何もしていないように見えるけど、すごく意味のあることをしてるんだって言い聞かせる毎日。」とあります。

同じように子育て中のママたち、今日もお疲れさまです!

子どもが生まれてからというもの、どんどん失われていく”女子力”。どうにかしなければと思いつつ、子どもと過ごしていると打ち手がないまま、どんどん時間が過ぎていってしまいますよね。

そんな焦ってばかりの毎日、『色気は分娩台に置いてきました。』を読んで、一息ついてみませんか?

画像1枚ごとに「あるある!わかる!」と共感できるポイントばかり。

「もしかしたら、今の私の生活って最高におもしろいのかも?」なんて思えてしまう一冊ですよ。