2017年6月に、第二子である長女が生まれた、俳優の窪塚洋介さん。

Instagramには、愛する子どもたちと一緒に撮った写真が、たくさん投稿されています。

長男である愛流(あいる)くんは中学生。窪塚さんは授業参観などの学校行事にも、積極的に参加しています。

そんな窪塚さんが、『イクメン』という言葉について語り、多くの人から賞賛されています。

「イクメンという言葉は間違っている」

そんな言葉から始まる、窪塚さんの意見をご覧ください。

”IKUMEN” is a wrong word.(イクメンという言葉は間違っている)

It's just a Father,Husband.(ただ父親であり、夫である)

It's a matter of course.(当たり前のこと)

yosuke_kubozuka ーより引用

育児を積極的に行う父親、通称『イクメン』。しかし、窪塚さんは「そんなことは父親として当たり前のことだ」といい切ったのです。

この考え方に、多くの人が拍手を送りました。

おっしゃる通り。子どもの爪切りをしている姿が様になっていますね。窪塚さんは、しっかりした父親なんですね。かっこいい。本当にそうですね。『イクメン』という言葉には、ずっと違和感がありました。

子どもを育て、父親の責務を果たしている窪塚さんがいうからこそ、心に響く言葉です。

日本には、「育児は女性の仕事」という考え方が根深く残っています。窪塚さんの言葉に、改めて「育児」や「父親」について考えさせられますね。

[文・構成/grape編集部]