ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

決勝戦でチリッチに3-0で勝利、ウィンブルドンで自身初の“完全優勝”を達成

 男子テニスのウィンブルドンは16日、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)がマリン・チリッチ(クロアチア)を3-0で下し、5年ぶり、そして史上最多となる通算8度目の優勝を飾った。ATPワールドツアー公式サイトでは記録づくめとなった今回の優勝を紹介している。

 “芝の帝王”は第1セットから主導権を握った。チリッチの生命線であるサーブが甘くなったところを見逃さず、変幻自在のショットでポイントを重ねて圧倒。優勝を決めるチャンピオンシップポイントは、相手が一歩も動けないサービスエースを叩き込む完璧な戦いぶりだった。

 この優勝で昨年8月以来の世界ランキング3位に浮上したフェデラー。今大会の成績は、全てが群を抜いていた。1回戦から決勝までの7戦で失ったセット数はゼロ。全試合ストレート勝ちの“完全優勝”を果たしたが、同サイトによると、この偉業はウィンブルドンでは1976年のビヨン・ボルグ(スウェーデン)以来の快挙だという。

 記事では、グランドスラムで全試合ストレート勝ちを果たした5選手を紹介。ボルグが3回(1976年ウィンブルドン、78・80年全仏オープン)、ラファエル・ナダル3回(08・10・17年全仏オープン)、フェデラー2回(07年全豪オープン、17年ウィンブルドン)、イリーナ・スターゼ1回(73年全仏オープン)、ケン・ローズウェル1回(71年全豪オープン)となっているが、フェデラーにとってはウィンブルドンでの達成は自身初、ボルグ以来史上2人目の快挙だ。

ウィンブルドン最年長優勝、グランドスラム最多優勝記録更新と金字塔ラッシュ

 来月8日に36歳の誕生日を迎えるスターは、ウィンブルドンにおける男子シングルス最年長優勝(35歳342日)という金字塔も打ち立てた。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、「35歳のフェデラーは、1976年のアーサー・アッシュを超え、ウィンブルドンの最年長優勝者となった」とレポートしている。

 さらに、自身が持つグランドスラムの最多優勝記録も19に更新。宿命のライバルであるナダルに優勝回数で4差を付けた。

 ATP公式サイトによれば、フェデラーはウィンブルドン決勝後に「まるで魔法のようだ。まだ信じることができないよ。でも自分自身、信じていたんだ。もしテニス人生を長く歩むことができるとするなら、8度目のタイトルを取れるとね」と語ったという。

 自らの力を信じた結果、記録づくめの優勝を呼び寄せた“芝の帝王”は、35歳にして再び全盛期を迎えている。