各国それぞれ独自の挨拶があります。会釈だけで終わるところもあれば、両ほほにキスしたり、TPOに合わせスタイルもさまざま。お国柄がよく反映される挨拶は、いわば日常の中の文化。

動画メディア「Cut」が、それぞれの国のありのままの挨拶を紹介しています。ちなみに、僭越ながら私も東京代表として出演させていただいてたりして(汗)。

定番のものからカジュアルなものまで

「元気〜?最近どう?」

コロンビアの女性から。一番間違いのない挨拶ですよね。そこから会話も広がるはず。

「インドでは『ナマステ』ですね」

「意味は『あなたに平和あれ』なんだよね」

インドでは、『ナマステ』以外にも、多くの表現があるそうです。

「僕たちのは堅苦しくないんだよね(笑)」

よく聞くオーストラリア訛りの「Good day, mate (グッダイ、マイト)」は、やはり現地でもよく使うようです。

目上の人へには、
それぞれの敬意がある

「自分が年下だって分かるときは、だいたい先に手を出して握手を求めるかな」

ドイツでは、挨拶時に握手をするのが一般的だそうですが、年下、または目下の人から手を差し出す習慣なんだとか。

「タイではお母さん、お父さん、先生など、年上の人たちに対して挨拶する時は、こんな感じに手と手をあわせます」

「コロンビアでは、目上の人に対して、名前の前に『ドン(Don)』をつけるんです」

名前の前に『ドン』をつけて敬意を表す。なんだかギャング映画のそれのようですね。

ヨーロッパでは、頰にキスが定番

「性別関係なしに、両頬にキスね」

女性も男性関係なく、フランスでは両頬に軽いキスが日常茶飯事。

「頬にキスが定番だね」

こちらイタリアでも両頬にキスは日常のコミュニケーション。

「女の子同士でも、頬にキスは…ちょっとヘンかな…」

中国では挨拶代わりのキスはないようです。きっと、距離感が近すぎるのもあるのでしょうか?

じゃあ、ハグは挨拶?

「ハグはとても親密だから、とても近い友人としかしないかな」

頬にキスをするのが挨拶の定番のフランスでは、ハグはあまりしないみたいです。

「ハグしたくない人に対しては、無理やりするって事もしない」

日本人でもハグする人、最近では多くなりましたよね。私もハグを歓迎しますが、友達でも、したくない人に対しては無理強いはしません。やはり、距離感を見計らいますよね。

「ハグは女友達同士ではするけど、男友達には手を振るだけかな」

タイ在住の女性も、相手によってハグをするかしないかを決めているようです。

「最近、挨拶のときのハグが増えたように感じるね。男同士でもするよ」

オーストラリア在住の男性いわく、ハグは最近のトレンド挨拶だそう。特に男性同士がハグして挨拶するのは、最近よく見るとの事。

挨拶はその国の文化

自分の国で当たり前の挨拶が、実は別の国では当たり前ではない。年上、同い年、家族、さらにはそれがビジネスシーンかどうかでも。時と場合によって、特別な挨拶も多種多様な文化がある限り、形式も多様です。

挨拶からその国の文化を学んでみるのも、意外と面白いかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Cut,(Youtube),(Twitter),(Facebook)