夫のみきくん、犬や猫、鳥たちと暮らす、漫画家の幸宮チノさん(ちーちゃん)の物語。

亡くなったかたの部屋を片付ける仕事『遺品整理業』として、日々奮闘するみきくん。

この日の現場では「ここにあるものは全部処分してくれてかまわない」と依頼されます。しかし、かなりの高額と思われる遺品を発見。このまま処分してよいのでしょうか…。

なんと、質屋で20万円になった!

依頼通りに処分していたら、もったいないことになっていました。もちろん、みきくんの会社にとっての利益になるわけではありません。

それでも、「お客様によいサービスを」と仕事に向き合っています。

そんなみきくんを、ある悲劇が襲います…。

慌ただしい現場での悲劇

その日の現場は、時間との戦い。作業員に出す指示も、スピードが求められます。

「この材木どうしますか?」
「廃棄で!」

現場が片付いた後、みきくんはあることに気付きました。

大事なゲーム機の入った、私物を処分してた〜!!

仕事に真剣であるがゆえに呼んでしまった悲劇。みきくんが、その後新しいゲーム機を買いなおすことができたと願わずにはいられません…。

幸宮チノ 『遺品整理業の夫』シリーズ記事一覧

[文・構成/grape編集部]

漫画:幸宮チノ

ドラクエとかお茶とか西武ライオンズとかTRPGとか好きな漫画描く主婦。Twitterアカウントは@chino_y。
⇒幸宮チノ 記事一覧