バングラデシュ首都ダッカに今年1月オープンした「トランプ・カフェ」(2017年7月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)に、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領にちなんで名付けられたカフェがある。何かと物議を醸すトランプ政治だが、地元民らは、同大統領の政策より、等身大パネルと一緒に自撮り写真を撮影することに関心があるようだ。

 カフェは今年1月、トランプ氏のファンを自称する男性がオープンした。トランプ氏を「反イスラム主義者」とする見方もあるが、イスラム教徒が多数派を占めるバングラデシュ中心地にあるこのカフェには、食事をするために多くの人が集まってくるという。

 オーナーのシャフィウル・イスラム(Shafiul Islam)さん(29)はAFPの取材に対し、「もし彼が反イスラム主義者なら、サウジアラビアを訪問して有意義な時間を過ごすこともなかっただろう」と話し、トランプ氏の決定は、バングラデシュにいる1億4400万人余りのイスラム教徒に何の影響も与えていないと続けた。

 カフェでは、タイや中国、インドの料理を提供しており、「トランプ・バーガー」と名付けられた特別メニューなどもあるという。
【翻訳編集】AFPBB News