画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ファン目線で引く「ここまでやられたら嫌」のライン

アイドルとは何か。「戦国時代」ともいわれるブームの中でわれわれが目にしてきたアイドルたちは、ファンに夢と希望を与えながら群雄割拠を生き抜いてきた。しかし、彼ら彼女らが時に代償を払うことが強いられる場面に遭遇すると、ふと冒頭の言葉が最近よぎる。

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(18)も、アイドルとして生きている一人だ。2015年頃からグラビア界を席巻し、映画では『14の夜』(16年)、『咲-Saki-』(17年)、『恋と嘘』(17年秋)、『honey』(18年春)、ドラマでは『咲-Saki-』(16年・TBS系)、『ファイブ』(17年・フジテレビ系)に出演するなど女優としても活動の幅を広げている。

小学生の頃にAKB48やSUPER☆GiRLSをはじめとしたアイドルに憧れ、2012年の「avex アイドルオーディション2012」に応募。候補生などを経て、SUPER☆GiRLSの正式メンバーに加わったのは今から3年前のことだ。

そんな彼女に大役が巡ってきた。桜庭ななみ、土屋太鳳らのその後の活躍から「女優の登竜門」と称されるシリーズの最新作『人狼ゲーム マッドランド』(7月15日公開)の主演。今回のインタビューでは、長編映画初主演の思いを掘り下げる中、浅川の「アイドルとしての覚悟とプライド」に火がつく。

多くの人に支えられているからこそ、今の自分がある。そして、そんな人々を裏切らないために。"趣味・アイドル研究"を公言する浅川が、自分自身に誓うアイドル論。

○ネガティブ思考の「支え」

――今回でシリーズ6作目となります。終盤は驚きの展開でした。

ありがとうございます。綾部監督とは今回が初めてだったんですが、出演者一人ひとりの性格に合わせて、設定も変えてくださるんです。最初は小島梨里杏さん(16年『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)のような弱々しい女の子のイメージで台本が書かれていたんですが、稽古やリハーサルを重ねていくにつれて、「浅川さんは弱いイメージじゃないから」という理由で、古畑星夏ちゃん(17年『人狼ゲーム ラヴァーズ』)のような「強い女の子」のイメージに変えてくださいました。シリーズの主人公は、このどちらかのパターンです。

10人のキャスト一人ひとりとの稽古でもっとこうした方がいいとか話し合いながら変えていって、撮影現場でもセリフが変わることは何度もありました。クライマックスのシーンで笑うのか、泣くのか決まっていなかったのも、役の気持ちを大切にしながらの順撮りだからこそ成立するもので、ラストは演技を見て決めるとおっしゃっていました。

――あらかじめ決まってないと不安になったりしないんですか。

順撮りだからこそ、その日にあった出来事を経て次のシーンを迎えることができるのですっごくやりやすかったですし、あるシーンの台本では「抱き合う彩乃と萌」と書いてあったんですが、2人の関係性で抱き合うって変だよねと。彩乃役の(松永)有紗ありさちゃんと話し合った結果、変更することになりました。前のお芝居の流れを汲んでやっていく現場は、すごく新鮮でした。

――キャストが発表された時、「この10人で歴代を越えたい」というコメントを出されていました。どんな思いが込められていたのでしょうか。

やっぱり、主演をやらせていただくとはいえ、私が一番演技の経験が少ないし、一番頼りないかもしれない。だけど、みんなと一緒に作り上げるからこそ、私も「主演です」と言える。こうやってインタビューさせていただけるのも、10人の代表のような気持ちで臨んでいます。スタッフさん含め何十人……もしかしたら何百人の方々が携わってくれるのかもしれない。「みんな」で作っているものなので、「私が」「私が」ではなく、全員で越えていかないといかないと意味がありません。

キャストのみんなからも学ぶことがすごく多くて、みんなから吸収しながら演じさせてもらったので、本当に感謝しかないです。そういう思いでコメントさせていただきました。

――今回に限らず、どのような仕事にもそのような気持ちで向き合っていらっしゃるんですか。

どの仕事、作品も自分一人だけでできることではないですし、支えて下さる方がいるからこそ。言葉を交わし合って一緒にお芝居をするからこそ、作品ができあがる。長編映画は初めてのことで、主演もやったことがなかった。不安な状態の中で心強いみんながいるからこそ、日々勉強しながら楽しんでやらせていただけました。

自分はいつも自信なくて、不安を抱えてばっかりの人間なんです。だけど、「みんな」がいるからできることがたくさんある。歴代の『人狼ゲーム』シリーズはどれもすばらしい作品です。今回過去最少人数のキャストなんですけど、少ないからこそみんなで一人ひとりががんばらなきゃいけないし、一人でも欠けちゃいけない。そういう思いでした。

○観客がいなければただの自己満足

――ブログには「皆様に見ていただいて完成するもの」と書かれていました。

演じさせていただく以前に、たくさんの方が企画してキャスティングしてくださったというのもありますし、撮影している最中、撮影後もたくさんのスタッフさんの支えがあります。クランクアップで撮影は終わりですけど、スタッフさんには編集作業も待っています。それから、宣伝をしてくださったりとか。自分が思っている以上に、たくさんの方に支えられています。

そんな自分ができることは、応援してくださる方に向けての告知をたくさんすることだと思うんです。「見ていただいて完成する」というのは、見ていただいた上での感想をいただくこと。プラスの意見、マイナスの意見、どちらでも自分にとっては1つの糧になりますし、感想をいただくことによって監督や支えてくださったスタッフさんも報われる。

たくさんの方に見ていただいてこそ。ドラマや映画、アイドルのライブも同じです。お客さんがいないと、ただの自己満足で終わってしまう。だからこそ、一人でも多くの方に足を運んでくださることがうれしいです。

――アイドルとして、この世界に。そこで「ファンあっての自分」を実感されたわけですね。

そうですね。ライブもファンの方がいなかったら成立しません……。どれだけ少ない人数でも「全力」でやることは変わらないですし、全力でやれば口コミやSNSの拡散で少しずつ人が増えていく。だからこそ、1回1回を大切に。お芝居であれば、1シーン1シーンを「全力」でやることによって、観てくださった方がもう一度私を見たいと思ってくださるかもしれませんし、『人狼ゲーム』シリーズの他の作品を観たいと思ってくださるのかもしれない。絶対にプラスになると思うので、ひとりひとりのファン、お客さんを大事にしないといけないと思います。

――もともとアイドルの大ファンだったことを公言されていますが、だからこそ今の言葉に説得力を感じます。

私自身もアイドルを応援する身として、実は「ここまでやられたら嫌」というラインがあるんです。

例えば、露出度が高くて小さな水着だと心配になるとか、演技でも、アイドルでいる間は激しいベッドシーンは避けたいとか。ファンの方々の気持ちを裏切りたくない。アイドルとして、キラキラした姿を見ていてほしいんです。

だから私はアイドルとして、アイドルを好きな身として、「ここからはできない」「ここまではできる」というラインを決めていて。でも、アイドルを卒業したら、どんなことでもやりたいし、多少なりとも激しいものでも体当たりでやりたいです。

――グラビアで知名度が一気に上がったと思いますが、最初ためらっていたのはそういう理由だったんですか?

最初、グラビアには抵抗があったんですけど、やることによってのプラスが大きくて、その時点で私にとってのマイナスはなくなりました。2年ぐらいやらせていただくと小さい水着を要求されたりするんですけど、そこは自分で「まだアイドルなのでもう少し大きくてもいいですか?」と聞くようにしています。こういうことは自分で言わないと、どんどん過激になっていきますし、グラビアをやらせてもらっていますけど、私自身は「グラビアアイドル」ではありません。アイドルという仕事に誇りを持っているからこそ、ちゃんとプライドを持って一つひとつのお仕事と向き合いたいと思っています。だからといって、グラビアを担当するスタッフさんにとって、「小さい水着」に悪意はないんです。きれいに、魅力的に見せたいから。誰も悪意なんてない。

○職業観とファンの距離

――仕事の範囲をそうやって決めていらっしゃるんですね。

いただいた仕事は断る理由もないですし、何かを言えるような立場ではありません。いただいたお仕事はすべて全力という気持ちは変わらないですが、ファンの方にとってもデリケートなことでもあるので、自分の中での「浅川梨奈」というアイドル像は持つように心がけています。

――仕事の軸足はアイドルであると。

そうですね。SUPER☆GiRLS在籍中の軸足はアイドルです。いずれは卒業しますし、引退するかもしれない。みんな将来のことは分からないと思いますが、一人になった時に一人で食べていけるように今は地を固めたい。たくさん経験を積んで、たくさん勉強をさせていただいて、成長していけたらと思います。卒業しても一人でもやっていけるような人間でいたいです。

●アイドルを辞めるのは「女優」になった時

――そして、個人の活動は、グループの知名度を上げることやファン作りなどにもつながる。

SUPER☆GiRLSでいるうちは、どこでも「SUPER☆GiRLSの浅川梨奈」でいようと思っていますし、何よりもグループがあったからこそ今の自分がある。グループにいるからこそやらせてもらえるお仕事、グループにいるからこそ関わってくださるスタッフさんがいる。グループを疎かにせずに、恩返しするようなつもりで活動しています。

――個人としての活躍が目立つと、ファンの中には「このまま離れていってしまう」と心配する人もいるのでは? ブログの文面から、なんとなく感じ取りました。

遠い存在になりそうでさびしいと、言っていただくことがあります。それはアイドルの良い部分でもあり、悪い部分。今のアイドルはファンの方と距離が近すぎるんです。良いところでもあるんですが、近すぎるがゆえに……握手会などで友達感覚になってしまったりだとか。

私の中では「こうありたい」という理想像があって、それは、「距離が近くても、憧れの存在になれるアイドル」。見てくださったライブで感動してもらえるような。会えたことによって、感動を与えられるような存在になりたいです。写真集のイベントを先日やった時に、初めましての方が8割ぐらいだったんです。初めての方々は、「本物だ!」と喜んでくださるんですよ。やっぱり、アイドルはこうあるべきだと思いました。

「会いに行けるアイドル」としてAKB48さんが握手会を頻繁にやるようになってから、アイドルとファンとの接触が当たり前になりました。おニャン子クラブさんとか、かつてみんなが憧れていたアイドルグループにはあまりそういう機会はなかったと思います。だから、「本来あるべきところに」を忘れないように。もちろん距離感が近いのもすばらしいことだと思いますし、その距離感だからこそ元気をもらえたり、勇気を与えられたりという良さもあります。

○「アイドルイメージ」変化の危惧

――アイドルに対する思いがそれだけ強いということですね。

そうですね。あとアイドルを何年できるのかも分かりませんし……こんなこというと「卒業フラグ」と言われてしまうんですけど(笑)、近々では卒業しません。

先ほども言いましたが、本当に「アイドルのあるべき姿」がここ数年で変わってしまいました。私はAKB48さんをきっかけにアイドルを好きになっていったんですけど、その頃から「アイドルは握手会をやって当然」になりましたし、直接話せるのも当たり前。過去のアイドルの方々の映像を見ると、アイドルの方々もそうですが、ファンの方もキラキラしていました。本当に現実にいるのか分からないようなオーラをまとった、まさに偶像のような存在。そういうアイドルに強い憧れがあります。

――その中での女優業はどういう位置づけなんですか? ブログには将来的に演技を続けていきたいとも書かれていました。

アイドルは「将来の夢への扉」だと思います。

「卒業」と聞くと真っ先に「なんで?」と思われるかもしれないですけど、そもそもアイドルは「夢への扉」なんです。なぜなら、演技やモデル、バラエティ……アイドルはどんなことにも挑戦させてもらえるから。

『人狼ゲーム』を通して演技の楽しさを再認識させられました。1本映画に出させていただきましたが、自分の役に対する思いや考え方が本当に変わっていて。もっと演技がしたいと思いましたし、『人狼ゲーム』で学んだことを生かしていきたい。

今はいろいろな経験をさせていただきながらアイドルとして活動し、将来の目標に向けてがんばっています。将来、「女優」になると覚悟した時、私はアイドルを辞めます。その理由は逃げ道を作りたくないから。今は個人の仕事がなくなっても、ずっとアイドルでいることもできると思います。

グループに属していればいい。そうやっていつまでも逃げ道を作っちゃダメだと思うから、私は逃げ道を作らないように何が何でも頑張る、生き残るんだという気持ちで「女優」になれるように頑張ります。

演技のお仕事を「女優のお仕事」と言わないのはこういう理由で、逃げ道をなくして、女優として生きていくと決断した時に胸を張って「女優です」と言えるようになりたい。「女優」と言っていただけるのはすごくうれしいんですが、ここで勘違いしちゃダメだと思います。そこは強く意識しているところです。

○「女優」「またこの人?」を目標に

――『咲-Saki-』のドラマと映画に出演されて、ブログでは「自分は自信がない人間」と書いてありました。何事に対してもそうなんですか?

すべてです。ダンスも歌も自信がない。発言にも演技にも自信がない。そんな私が今回、主演をやらせていただけた。

自信がない人が主演だったら、「なんだよ!」と言われるかもしれない。役者として第一戦でやっていらっしゃる方々とやらせていただくということもあり、そんな中で「自信ないです……」なんて言っていたら、「じゃあ、替わってよ!」と私だったら思います。そうならないように、インする前にしっかり自分の中で固めて、しっかり考えて、いつもの何倍も何十倍も時間をかけて準備をして臨みました。

――『咲-Saki-』でいえば、原作ファンからの高評価の声もあったそうですね。そういう入念な準備が報われる瞬間ですね。

実は私自身、漫画原作は反対派だったんです。どうして何でもかんでも実写化するんだろうと思っていたんですけど、『咲-Saki-』に出演することが決まって漫画を読み、麻雀を勉強し。そして、さらに原作が好きになって。愛に溢れた状態でやらせていただくことで、もっともっと『咲-Saki-』が好きになりました。自分が大好きになった作品をファンの方に見ていただいた時に、あれだけ批判してた方が喜んでくださるとすごくうれしいです。

今は漫画原作の実写が大好きになりました。今年、漫画原作を3作やらせていただきましたが、それぞれの作品のことが大好きになって、ウキウキした状態で楽しく現場に入ることができました。それも全部『咲-Saki-』があったからで、『咲-Saki-』の原作ファンの方々に受け入れてもらえたから。自分の中ではそこが大きな励みになっています。

だから、もっと漫画原作の実写をやりたい。漫画原作、アニメ原作の実写化が発表される時、「男性だったらこの人」「女性だったらこの人」みたいにオファーが殺到しています。私もいつかは、「またこの人?」と言われるようになりたいです。

■プロフィール

浅川梨奈(あさかわ・なな)

1999年4月3日生まれ。埼玉県出身。身長158.9センチ。B型。小学生の頃にAKB48などのアイドルに憧れ、2012年の「avex アイドルオーディション2012」に応募。iDOL Streetのデビュー候補生・ストリート生3期生として加入し、iDOL Street第3弾グループ・GEMのスターティングメンバーに選抜されるものの、翌年、正式メンバーからは落選。ストリート生としての活動に専念しながら、映画『鐘が鳴りし、少女達は銃を撃つ』に出演するなど個人としての活動の幅を広げ、2014年にSUPER☆GiRLSの正式メンバーに。2015年からは水着グラビアにも挑戦し、「1000年に1度の童顔巨乳」のキャッチフレーズでグラビア界を席巻。近年では本作のほか、『咲-Saki-』(17年)、『恋と嘘』(17年秋公開)、『honey』(18年春公開)など、女優としても注目されている。

■『人狼ゲーム マッドランド』(7月15日公開)

『人狼ゲーム』シリーズ第6弾。監禁された10人の高校生たちは、1億円を巡る殺し合いゲームに参加させられる。それぞれに役職が書かれたカードが配られ、村人側2人(用心棒1人、預言者1人)、人狼1人のほか、「狂人」が7人。生存条件は「皆殺し」という残酷なルールの中で、高校生たちの熾烈な争いがはじまる。