C・ロナウド獲得は「ミッション・インポッシブル」 マンU復帰説をモウリーニョ一蹴

写真拡大

レアル退団騒動の元教え子獲得は「考えたことがない」

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今夏に脱税疑惑が持ち上がり、スペインでの暮らしに不満を持ったことから移籍の噂が急浮上していた。

 古巣マンチェスター・ユナイテッドへの復帰も取り沙汰されたが、ジョゼ・モウリーニョ監督は”アンタッチャブル”なロナウド獲得は「ミッション・インポッシブル」と表現している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 モウリーニョ監督は、レアル時代の教え子の獲得の噂を真っ向から否定している。「我々はそのこと(ロナウド獲得)について考えたことはない。なぜなら彼は、彼のクラブであまりに重要な選手で、経済力的にも大きすぎる」と語っている。

 そして指揮官は「私はミッション・インポッシブルな選手のことを考えて時間を無駄にするつもりはない」とし、ロナウド獲得に動く意味はないと断言した。

 ユナイテッドは今夏、エバートンからベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得。さらにロナウドの同僚でもあるスペイン代表FWアルバロ・モラタの獲得にも動いていた。ロナウド獲得は叶わずとも、積極的にスター選手の補強に動いている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images