2009年のベネチア国際映画祭に参加したジョージ・A・ロメロ監督(2009年9月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)1968年の古典的カルト映画『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(Night of the Living Dead)』でゾンビ映画のひな型を作った米国の映画監督、ジョージ・A・ロメロ(George A. Romero)氏が16日、死去した。77歳。ハリウッド(Hollywood)などから伝説的な映画監督の死を悼む声が相次いだ。

 死去はマネージャーが明らかにした。肺がんを患っていたという。妻と娘がいる。

 1940年、ニューヨーク(New York)でキューバ人の父親とリトアニア系米国人の母親のもとに生まれた。ピッツバーグ(Pittsburgh)のカーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)に進学。すべての作品は同市一帯で撮影している。

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』は、生けるしかばね(ゾンビ)による襲撃から人々が逃れようとするあらすじのモノクロ映画。大胆にも黒人の俳優デュアン・ジョーンズ(Duane Jones)を主人公役に起用した。

 わずか10万ドル(現在のレートで約1120万円)の低予算で制作されたにもかかわらず、世界で興行収入3000万ドル(同約34億円)以上をあげ、続編5本も制作された。今日のハリウッドでも一つの定型となっているゾンビ映画というジャンル全体を盛り上げた。

 監督本人は、リチャード・マシスン(Richard Matheson)の1954年の小説「アイ・アム・レジェンド(I Am Legend)」から影響を受けたことを認めている。

 作品は1999年、米議会図書館(Library of Congress)の「米国立フィルム登録簿(National Film Registry)」に保存登録された。

■S・キング氏らが追悼コメント

 ほかの作品に『ナイトライダーズ(Knightriders)』(1981年)、米作家スティーブン・キング(Stephen King)氏が脚本を手がけた『クリープショー(Creepshow)』(1982年)など。監督としては2009年の『サバイバル・オブ・ザ・デッド(Survival of the Dead)』が遺作となった。

 キング氏はツイッター(Twitter)で「私の大好きなコラボレーターで、古くからの友人でもあるロメロが亡くなったと聞き、悲しんでいる。あなたのような人物はもう現れないだろう」と故人をしのんだ。

 ホラー映画監督のイーライ・ロス(Eli Roth)氏は『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』でのジョーンズの起用に言及し、「50年前に人種差別に立ち向かった」と高く評価。また、ゾンビがかみついてウイルスをうつすことや頭を撃たれて倒されることなど、今日まで続くゾンビ映画の約束事を「すべて」発明したとたたえた。
【翻訳編集】AFPBB News